Back
Fusarium oxysporumの厚膜胞子形式過程における微細構造の変化   :   The Fine Structure of Developing and Mature Chlamydospores of Fusarium oxysporum 

作成者 雨宮, 良幹, 松本, 昇, 平野, 和弥, 飯田, 格
作成者 (ヨミ) アメミヤ, ヨシミキ, マツモト, ノボル, ヒラノ, カズヤ
作成者の別表記 AMEMIYA, Yoshimiki, MATSUMOTO, Noboru, HIRANO, Kazuya, IIDA, Wataru
日本十進分類法 (NDC) 465
内容 Fusarium oxysporum f. sp. raphaniの厚膜胞子を塩類溶液中で形成させ, その発達過程における微細構造の変化を観察した.本菌の厚膜胞子は主として菌糸細胞の膨潤・肥大をともなって発達し, その細胞壁は菌糸細胞壁由来の外層とその内側に新しく形成された内層の2層から構成されていた.成熟した厚膜胞子は厚さ約0.5μmの細胞壁を有していたが, その大部分は肥厚した新生細胞壁層から成っていた.細胞壁の表層は電子密度が高く, 繊維状物質が密生していた.細胞質内においては厚膜化に伴って脂肪顆粒が著しく増加・肥大するとともにグリコーゲン様顆粒が認められるようになり, 液胞内には高電子密度の物質の蓄積が認められた.以上のように厚膜胞子は菌糸細胞とは明らかに異なった細胞構造を有し, その構造から耐久生存体としての機能がうかがえた.
Chlamydospores of Fusarium oxysporum f. sp. raphani formed in a salt solution were examined at intervals by transmission electron microscopy. The formation of chlamydospores was initially started by swelling of hyphal cells. The chlamydospore wall was found to be consisted of two layers; the outer thin layer originated from hyphal cell wall and the inner thick layer newly synthesised between the outer cell wall and the plasma membrane. The outer cell wall was electron opaque and was surrounded by dense fibrillose materials. The cytoplasm of mature chlamydospores contained large lipid bodies, many glycogen-like particles and vacuoles filled with fully developed electron dense materials. These structural features might explain a longevity of the chlamydospores.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026177
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.34 page.77-82 (19841225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280814.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

724 times.


Search
Related Materials in