Back
駅前再開発によるオープンスペースを中心とした土地利用の改変過程の研究   :   Study on the Alteration of Land Use attaching importance to Open Space by Redevelopment in the Front of Stations. 

作成者 中村, 攻, 西村, 洋一, 宮崎, 元夫
作成者 (ヨミ) ニシムラ, ヨウイチ, ミヤザキ, モトオ
作成者の別表記 NAKAMURA, Osamu, NISHIMURA, Youichi, MIYAZAKI, Motoo
日本十進分類法 (NDC) 518.8
内容 最後に, 本研究の要点と結語をまとめると次のようなことがいえる.<土地利用の改変>については, 施行者によって大きく相違する.公共団体施行では, 公共施設用地の増加(特に広場・道路が大幅に増加する)と宅地の減少となって表われる.これに対し, 組合施行では, 公共施設用地と宅地の構成比は, 施行の前後で殆んど変化がみられない.即ち, 公共団体施行では, 広場・道路を中心にある程度の土地利用上の改善が進むものの, 組合施行の場合には, 土地利用上の改善はほとんど促進されていないといえる.宅地の内部構成では, 純建ぺい率の増加と建築敷地内空地の減少にみるように, 施行者の別を問わず宅地内の建て込みが進行する.この傾向は公共団体施行の方が組合施行等より顕著であり, 公共施設用地の改善のしわ寄せが宅地内の建て込みとなって現れているといえる.組合施行では, 公共施設用地の改善もないまま, 宅地内での建築物の建て込みと空地の食いつぶしによって, 施行地区全体に土地利用上の過密化が進行し, 空間条件の改善になり得ていないといえる.<オープンスペース>については, 土地利用上の平面的O.Sは, 一般的には, 公共団体施行で増加, 組合施行では逆に減少している.建築物の大規模化・高層化によって空地延床比率は全ての地区で大幅に低下する.これは公共団体施行のように一定のO.Sの増加がみられる場合でも, 延床面積の増加の方がはるかに大きいためである.この空地延床比率の減少に対応するためにO.Sは立体化され, また建築物内部にも準O.S的な公共空間が確保されてきた.これらを考慮して空地延床比率を修正するならば, 減少の度合は或る程度緩和されるものの, これを検討した全ての地区
This study makes clear the alteration of land use by redevelopment in the front of stations in Japan. Objects of study are 34. On redevelopment by local government, land for public utilization is increased, and curtilage is decreased. On redevelopment by others (assosiation, public corporation, person), ratio of land for public utilization to curtilage is kept. About the alteration of land for public utilization, generally squares and roads increase on redevelopment by local government, but they decrease by others. Parks and green spaces haven't usually created except for special cases. Channels are extinguished by covering. Open space on land use increases on redevelopment by local government, the other way, it decreases on redevelopment by others. But, [open space/total area]decreases at all district. According to vertical formation of buildings, open space is formed vertically and semi-public space that is equivalent to previous passes is created. However, even if those are took into consideration, [open space/total area]is not improved at all district. Overcrowded land use is improved on redevelopment by local government, but on redevelopment by others, it becomes worse. While, on relative relation of open space and total floor area, open space always decreases relatively, in spite vertical formation of openspace and creation of semi-public space in buildings. Namely, open space hasn't got in propotion to increase of total floor area. In this sense, new overcrwded situation occurs by redevelopment in the front of station.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026188
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.35 page.29-35 (19850330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004281145.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

574 times.


Search
Related Materials in