Back
茶庭における植栽の変遷に関する史的考察 : 江戸中期以前の茶庭   :   A Historical Consideration on the Changes of the Planting Design in the Japanese Tea Gardens : Until the Middle of Edo Period. 

作成者 安蒜, 俊比古, 浅野, 二郎, 藤井, 英二郎, 伊藤, 亘
作成者 (ヨミ) イトウ, ワタル
作成者の別表記 ANBIRU, Toshihiko, ASANO, Jiro, FUJII, Eijiro, ITO, Wataru
日本十進分類法 (NDC) 629
内容 わび茶の形式の成立期とされる珠光の時代から, それを発展させた紹鴎の時代, さらに, わび茶の完成期とされる利休の時代までを研究対象とし, 茶庭の成立と発展の過程を明らかにするとともに, そこにみられる庭園植栽の推移について, 各種の史料を用いて考察, 検討した.わび茶の成立期, 即ち, 珠光時代, 茶の湯は書院座敷で行われ, 茶の湯のための特別な庭園はいまだ成立していなかったとみられる.紹鴎の時代になって, 茶の湯のための特別な座敷が設けられるようになり, それに伴って, 従来の庭園とは一線を画すべき, 特別な庭空間「坪の内」が設けられるようになる.ここでは茶の湯の充実のために, 庭園の植栽は原則として行われず, しばしば, 植栽が拒否される場合さえみられる.利休時代の初期は紹鴎の茶の湯を踏襲するが, 紹鴎までの茶座敷から, いわゆる茶室と呼ぶ建築様式へと発展させる時期を迎える.この茶室の成立が, やがて, それまでの「坪の内」を, いわゆる, 茶庭(露地)へと発展させる契機となる.この時期を前後して, 庭園への植栽が行われるようになり, さらに, 利休の円熟期(後期)には露地の形式が確立するとともに, 露地に対する植栽について, かなりの積極性が認められるようになる.利休の晩年以後, 茶庭(露地)は, さらに発展, 展開して, 二重露地の構成をもつに至る.この時期, 茶庭に対する植栽が積極化し, 植栽樹種についての吟味が行われる状況にまで到達する.
The developing process of tea gardens and the changes of their plantings are historically analyzed using literatures from the early stage of tea ceremony, or the Juko (Murata Juko) period to its completion stage of the Rikyu (Sen no Rikyu) period. At the beginning of tea ceremony (wabicha), or the Juko period, a tea ceremony was held in a shoin, and there was no special garden for the tea ceremony. The outdoor space especially for the tea ceremony (tsubo-no-uchi) appeared with the establishment of the special room for the tea ceremony at the Joo (Takeno Joo) period, and the plantings were denied in this space as a general to exclude the obstructive attractions for the tea ceremony. The tea house, or the building of special style for tea ceremony, was developed at the early stage of Rikyu period, and the change of outdoor space from the tsubo-no-uchi to the tea garden (roji) resulted from the change of building. Then, the tea ceremonial masters' posture became positive to the plantings with the establishment of tea garden style at the mature stage of Rikyu. The futaeroji style tea gardens developed after this stage, and then even the discussion about the selection of plants appeared among the masters.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026194
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.35 page.85-91 (19850330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004281151.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

728 times.


Search
Related Materials in