Back
乾燥・半乾燥地域の都市化と緑地の動態に関する研究 : イスラマバード及びラワルピンジ地域について   :   A study of urbanization and dynamic trend of green space in arid and semi-arid areas ISRAMABAD and RAWALPINDI 

作成者 田畑, 貞寿
作成者の別表記 TABATA, Sadatoshi
日本十進分類法 (NDC) 518
内容 本研究は, 乾燥・半乾燥地域の都市化と緑地の変容について, パキスタン国, 首都イスラマバードを対象に調査研究を実施したものである.その主たる調査研究は, 1964年時点と1983年時点の20年間における(1)人口定着による都市化の動向, (2)都市内の公園や住宅地内オープンスペースなどの緑地, 及び市街地周辺の丘陵地の緑化などによる緑の空間量の増大.気象, 植生, 公園などの利用動向について見られる変化などの知見を得ることを目的に, 収集基礎資料をもとにまとめた.その結果, 人口定着と都市化についてはある程度の問題の所在が把握された.また緑地関係のうち植栽からみた沿道緑地や公園については, 定性的ではあるが緑の空間量が増大し, 計画市街地はよく管理されていることがわかった.しかし, 気象, 植生の変容, 公園などの利用動向などについては今後の問題として残されている.
This is reseach study of urbanization and dynamic trend of green space in arid and semiarid areas. It was investigated in ISLAMABAD (Capital of Pakistan) and RAWALPINDI. The main study was rounded off in order to take knowledges about; (1) the tendency of urbanization by stabilization of population, (2) increase of greenery space by securing parks and open spaces in urban area and by greening of downlands in Eco-urban area, (3) transition of weather, vegetation, tendency of park's use, etc, and concluded from basic data gathered at intervals of twenty years from 1964 to 1983. As a result, we could grasp some problems about stabilization of population and urbanization. And we also could grasp that greenery space had increased, and planting in road-side green spaces and parks were well managed in projectd district. But, some problems remain about weather, transformation of vegetation, tendency of park's use, etc.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026203
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.36 page.37-48 (19851225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280832.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

743 times.


Search
Related Materials in