Back
わび茶と露地(茶庭)の変遷に関する史的考察 : その1:織部から遠州へ   :   A Historical Consideration on the Changes of the Wabicha (Tea Ceremony) and the Roji (Tea Garden) : Part 1: From the Furuta Oribe Period to the Kobori Enshu Period 

作成者 浅野, 二郎, 安蒜, 俊比古, 仲, 隆裕, 藤井, 英二郎
作成者 (ヨミ) ナカ, タカヒロ
作成者の別表記 ASANO, Jiro, ANBIRU, Toshihiko, NAKA, Takahiro, FUJII, Eijiro
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 利休の草庵わび茶は, 古田織部によって継承される.やがて, 織部は, 利休のわび茶の精神を継承し, 利休の草庵わび茶を止揚しつつ, 新しいわび茶を提示する時期を迎える.織部の茶, 武門の茶, あるいは武家好みの茶と呼ばれるものの誕生である.それは客をもてなすことを本意とする茶であり, それ故, 織部において, 茶室, 茶庭は客のためのよりよき茶を演出するための場ととらえる立場をとる.この報告では, まず茶のための演出の場としての茶庭そのものと, 茶庭において展開した造園的手法について, 各種の史料を援用し, 検討, 考察した.さらに, 織部の茶を展開した小堀遠州について, その茶道の特色と, 茶庭における造園手法について史料と実例を用い考察した.また, 遠州における作例から, そのデザイン手法は"草庵茶室の書院化"につらなり, やがてそれは, 露地における手法が庭園の手法として発展される契機となることを指摘した.
Furuta Oribe succeeded the Sen no Rikyu's philosophy of a tea ceremony held in a tea house, and then he developed a new style, the so-called the tea ceremony of a buke or military class. His style fundamentally pursued to receive the guests with the tea in a hospitable settings of a room and a garden. Kobori Enshu, as the most outstanding tea ceremonial master of that period promoted the Oribe's style, and as a result he modified the tea ceremonial houses and gardens in the way of the shoin style. And, this modification was one of the factors to develop the stroll style gardens like the Katsura Imperial Palace.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026206
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.36 page.111-118 (19851225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280835.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

754 times.


Search
Related Materials in