Back
ナツヅタの壁面付着に関する研究   :   Study on the Wall Adhesion of Parthenocissus tricuspidata Planch. 

作成者 冲中, 健, 武藤, 伸一
作成者 (ヨミ) オキナカ, タケシ, ムトウ, シンイチ
作成者の別表記 OKINAKA, Takeshi, MUTO, Shinichi
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 ナツダタの壁面付着に関する基礎的知識を得るために, 圃場における生育実験を行った.先づ圃場の中に板塀とブロックを配置し, 板塀には, 構築材料中より選んだ十数種の素材の小型プレートを張り付けた.次にこれらの塀の地際にナツヅタを植えて, 種々の素材に対するナツヅタの付着性を観察し, また付着力の計測を行った.その結果以下のような知見を得た.1.素材面の微細な凹凸は, 大きな付着力を生じさせる.2.夏季における素材面の高温は, 付着力を大きく減少させる.3.老化等による壁面物質の剥離は, それに付着したナツヅタの剥落を誘起しやすい.4.1・2・3以外の壁面の物理・化学的な性質は, 単独では付着力に大きな影響を与えることは少ないようだ.
For the purpose of getting the basic knowledge about wall adhering of Parthenocissus tricuspidata Planch., we made field experiment. At first, we laid out wooden walls and concrete block walls in the field. And we set small plates of essential construction materials to the parts of wooden walls. Then we made the plants adhere to the walls and plates. From this experiment, we got the following information. 1) The minute roughness of wall and plate produce the great adhesive force. 2) The high temperature of wall and plate in summer time weaken the adhesive force. 3) The exfoliation of wall surface by ageing etc. causes the plant to peel off. 4) It is presumed that the other physical and hemical property of wall and plate have seldom great influence on the adhesive force.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026210
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.36 page.141-148 (19851225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280839.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

589 times.


Search
Related Materials in