Back
市民農園の利用が余暇生活におよぼす影響に関する調査研究   :   A study on the effects on the leisure-life by allotment garden 

作成者 中村, 攻, 姜, 守範, 山本, 康, 宮崎, 元夫
作成者 (ヨミ) キョウ, モリノリ, ヤマモト, コウ, ミヤザキ, モトオ
作成者の別表記 NAKAMURA, Osamu, KYOU, Morinori, YAMAMOTO, Kou, MIYAZAKI, Motoo
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 終りに本論の結語についてまとめると, 次のようなことがいえる.<農園利用者の社会的属性>としては, 戦後移住してきた一戸建て居住者が多く, 農耕経験の無い者が過半を占めている.男性はサラリーマン層を中心に自家営業や高齢無職者によって占められ, 女性は専業主婦(高齢の無職者も含む)を中心にサラリーマンや自家営業によって占められている.<農園の利用状況>は, 季節によって変動し, 春から夏, 秋をへて冬へと消極化してゆく.また性別によって利用状況に差異がみられ, 週当りの利用回数は男性より女性が高く, 1回当りの利用時間は男性の方が女性より長い.これは性差によるよりも, 男性と女性では, 農園利用者の社会的属性が異なることに起因するものと推測される.農園利用による<余暇生活の変化状況>については, 余暇活動を積極型と消極型に分類した場合において, 消極型の余暇活動を著しく減少させること, さらにその分だけ積極型の余暇活動が活発になることが明らかになった.特に, このことはギャンブル型の余暇活動について顕著にみられ, 市民農園利用によって, 利用者の余暇生活は好ましい方向に変化しているといえる.<余暇生活の変化からみた階層分析>については, まず農園の利用によって余暇生活に変化の無かった人の特徴として, 農園の近所に住みながらも利用頻度が低い人々, つまり消極的に利用している人々であることがいえる.一方, 変化の認められる人の特徴としては, 家が農園から離れていながらも, 休日が多く, 農園を積極的に利用している傾向がみられる.また両者では, 農園利用による成果(利点)についても意識の差がみられた.
The purpose of this paper, which is a contribution to the study of the direction of the development of allotment garden, is to consider the factors affecting the change of people's leisure-life by using it. The method of the reserch for this article is the ancate-reserch. The results of this paper are as follows. 1) Most people live in a detached house, and they had not have almost agricultural experience. 2) The conditions of its using are changed passively from spring to winter, and it seems that there are differences between men and women. 3) Using allotment garden tends to change one's passive leisure to active one. 4) Active using of allotment garden tends to change one's leisurelife in comparison with passive using.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026218
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.37 page.47-54 (19860330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280854.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

692 times.


Search
Related Materials in