Back
わび茶と露地(茶庭)の変遷に関する史的考察 : その2: 庸軒・直弼にみる原点復帰への動き   :   A Historical Consideration on the Changes of the Wabicha (Tea Ceremony) and the Roji (Tea Garden) : Part 2: The Movement to the Rikyu's Original Phylosophy by Yoken and Naosuke. 

作成者 浅野, 二郎, 仲, 隆裕, 藤井, 英二郎
作成者 (ヨミ) ナカ, タカヒロ
作成者の別表記 ASANO, Jiro, NAKA, Takahiro, FUJII, Eijiro
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 わび茶が創始され, 多くの人たちがそれを継承するなかで, わび茶は大きく発展する.わび茶が発展するなかで, やがて, 遊芸の茶ともいえる贅と華美に流れる茶が流行する時期を迎える.この時流のなかで, わび茶本来の姿へ立ち戻るべし, とする人達があらわれる.本報告では, このような人達の中から, 資料によってその事績を比較的明確にとらえることのできる藤村庸軒と井伊直弼の茶と茶庭について取り上げ, 検討した.特に茶庭については現存する西翁院・澱看席と, 埋木舎・澍露軒および茶湯一会集を中心にして考察を加えた.そこでは, いずれも, わび茶の原点への回帰を希う真摯な姿勢が, 具体的な作例あるいは著書・諸記録を通してうかがい知ることができる.
The Wabicha (Tea Ceremony) diversely developed through the succession by various tea ceremonial masters. Besides the popularity of a gorgeous and showy tea ceremony, some masters, like Yoken Fujimura and Naosuke Ii maintained the Rikyu's original philosophy of the Wabicha in each times. We can understand their sincere postures aiming the original philosophy of the Wabicha by their own tea ceremonial house and writings, and some other relating materials.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026221
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.37 page.69-78 (1986-03-30)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280857.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

699 times.


Search
Related Materials in