Back
わび茶と露地(茶庭)の変遷に関する史的考察 : その3:遠州における継承と創造   :   A Historicai Consideration on the Changes of the Wabicha (Tea Ceremony) and the Roji (Tea Garden) : Part 3: The Succession and development of Oribe's Style for Tea Ceremony by Enshu 

作成者 浅野, 二郎, 仲, 隆裕, 藤井, 英二郎
作成者 (ヨミ) ナカ, タカヒロ
作成者の別表記 ASANO, Jiro, NAKA, Takahiro, FUJII, Eijiro
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 織部において, 茶室, 茶庭は客のためのよりよき茶を演出するための場としてとらえる立場をとる.この織部の茶を継承し, さらに展開した遠州は茶庭(露地)のための造形を含めて, かずかずの茶の造形をものしている.しかも, その中には, 後世に受けつがれ, 語りつがれる, すぐれた数々の成果がある.このすぐれた成果を生み出した基盤には, 彼の豊かな天賦の才があったこと勿論であるが, しかし, 一方, 彼を取り巻くすぐれた人びとが, 彼のこのすぐれた天賦の才をさらにみがき, そして大きく育てる役割を果したことも, また軽視できないといわねばならない.本報告では, このような遠州を取り巻くすぐれた人びとの中で, 特に松花堂昭乗を取りあげる.滝本坊客殿の幅広い東縁と, これから茶室・閑雲軒の躙口へ通じる狭い榑縁と, このひとつらなりの廊下がつくり出す構成は, 外露地から内露地への園路の構成に通じるものといえる.而して, この構成を, 遠州が先きに金地院八窓席の躙口まえにおいて試みた手法から, さらに一歩を踏み出したデザインとみる.また, その手水構えにおいても, ここ閑雲軒においては, 蹲踞構えではなく, 書院における縁先手水の構えを思わせる構成をとるものであって, それは廊下を園路と見立てる手法によって, はじめて成立する構成といえる.そして, この構成は, やがて, 書院茶室へと展開する遠州の新しい茶の造形に向う, 一階梯として大きな意義をもつ.また, 滝本坊茶立所の室内構成をみるとき, そこには遠州伏見屋敷におけるデザインからの発展といえるかずかずの特徴がみられる.さらに, この滝本坊茶立所における作事のかずかずの体験が, やがて, 遠州の造形デザインの世界を, さ
Enshu Kobori succeeded Oribe Furuta's style for a wabicha (a tea ceremony in the special room or house for it) to recieve the quests with a tea in the hospitable settings of a room and a garden, and developed it cultivating his talent by the communicaion with several outstanding people of his salon like Shojo Shokado or a monk of Iwashimizu Hachimangu. One of the process of the development could be found in the approach from the kyakuden (a reception hall) of Takimotobo of Shojo's living house to Kanunken of a special house for a tea ceremony through the verandah, and in the design of chatatedokoro, i.e. the room for a wabicha in a shoin style. The way from the kyakuden to Kanunken through the verandah would have been supposed as the way from a soto-roji to a uchi-roji, and a set of tsukubai or a basin for washing hands beside the verandah used like a ensaki-chouzu in case of a shoincha or a tea service in a shoin. And, we can point out several effects of Shojo in the design of chatatedokoro. Therefore, the design of Takimotobo is on the way to a wabicha in a shoin style, which is completed by Enshu in the design of Bosen of Kohoan, Daitokuji.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026229
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.38 page.59-68 (19861030)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280872.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

934 times.


Search
Related Materials in