Back
アカマツの球果生産   :   Cone Production of Japanese Red Pine (Pinus densiflora Sieb. et Zucc.) in a Pine Forest 

作成者 沖津, 進, 池竹, 則夫, 高橋, 啓二
作成者 (ヨミ) イケタケ, ノリオ, タカハシ, ケイジ
作成者の別表記 OKITSU, Susumu, IKETAKE, Norio, TAKAHASHI, Keiji
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 茨城県の農林水産省林業試験場の外周に生育するアカマツ林から28本のアカマツを選び, 樹上に付着する2年目の成熟球果を各校ごとに直接数えた.1.対象木の胸高直径は10.5cmから45.5cm, また樹冠投影面積は2.8m^2から46.5m^2にわたり, 球果数は9個から537個におよんだ.2.個体当りの球果数は胸高直径および樹冠投影面積と有意な正の相関関係が認められたが, このうち受光面積の大小を指標する樹冠投影面積が, 球果生産により基本的な影響を及ぼすものと推察された.3.同程度の樹冠投影面積の個体間でも球果数にかなりのばらつきがみられたが, このことは個体間の受光条件の差異を反映しているものと考えられた.4.枝年齢別にみると, 上部に位置する7年生の枝までで全体の81%の球果を生産しており, 球果生産の中心が上部の若齢枝にあることが明らかとなった.
Cone production of Japanese red pine (Pinus densiflora Sieb. et Zucc.) was disclosed by counting directly the 2nd year mature cones attaching on 28 trees. Number of cones per individual trees was widely fluctuated from 9 to 537. It clearly correlated to D. B. H. and crown projected area. The latter was thought to affect the cone production more fundamentally than the former because it directly indicated the light condition of crown. Within the same crown projected area the number of cones of each tree was varied widely reflecting the difference of light condition of crown among individuals. Cone production was more active at younger branches than older ones; it amounts to over 800f the total cones which produced by the branches younger than 5 years old.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026236
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.38 page.131-135 (19861030)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280879.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

796 times.


Search
Related Materials in