Back
わび茶と露地(茶庭)の変遷に関する史的考察 : その4:台目構の成立と露地の展開   :   A Historical Consideration on the Changes of the Wabicha (Tea Ceremony) and the Roji (Tea Garden) : Part 4: The Development of Tea Garden with the formation of Daime gamae 

作成者 浅野, 二郎, 仲, 隆裕, 藤井, 英二郎
作成者 (ヨミ) ナカ, タカヒロ
作成者の別表記 ASANO, Jiro, NAKA, Takahiro, FUJII, Eijiro
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 紹鴎から利休へとつづくわび茶の草創の時期において, わび茶の先達たちが求めた世界は, 一座建立の世界であり, それは, 茶の場において亭主の座と客の座がもつ格差の否定につながるものであった.而して, 利休が求めるものは, 四畳半, 三畳あるいは二畳といった, いわゆる小間の茶に佗びすますところのものであった.しかし, うき世の外の道を目指したこのわび茶も, 終いにうき世の外のものではあり得ず, やがて, それは客のための茶へ, さらに客のもてなしのひとつとしてとらえる茶へと変容する.わび茶に対する意識のこのような転換に伴って, 茶室の空間構成にも, 新たな展開が起る.この際立ったひとつとして茶室における台目構があげられる.一方, 露地についてみるとき, 露地もまたおそらく茶室のたどった道筋と無縁のものではあり得なかった筈である.つまり, 台目構の茶室に対応する露地は, 台目構を構想する意識と深くかかわりつつ造形されていったものとみてよいのではあるまいか.本論文では, 特に台目構の茶室をとらえながら, それに対応する露地の形態がどのように展開したかを, 指図(平面図)が確認できる史料を手がかりとして, 検討を加えた.即ち, 織部がかかわった松屋久好の露地, 細川三斎の露地および金森宗和の露地を事例的にとりあげ, 関連資料を活用しつつ, これらの露地が辿った道程を見極め, それぞれの茶匠たちが求めた造形をとおして, わび茶における伝統の継承と創造の問題について論じた.
Sen no Rikyu pursued a heart-to-heart communication between a guest and a host tasting a tea in the simple and quiet atmosphere of a tea room and its surroundings, and completed a wabicha. Therefore, he generally denied the introduction of problems relating a social position into the space for a wabicha. But, his successors gradually introduced social relations and changed a tea room and a tea garden into the hospitable ones to receive their guests. One of the first step to the modification can be found in a daime-gamae composed by a daime-datami and a daime-bashira. These settings make a psychological seperation between a guest and a host, and open up a way to the proceeding changes like a shobanseki styles. We can also trace this kind of intention of tea ceremonial masters in their design of tea gardens using historical materials about the tea gardens of several masters like Matsuya Hisayoshi, Hosokawa Sansai, and Kanamori Sowa.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026249
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.39 page.109-122 (19870330)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004280899.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

591 times.


Search
Related Materials in