Back
湖沼域における水辺緑地の造成に関する基礎的研究   :   Fundamental Study on the construction of the Waterfront Open Space at Tega Marsh. 

作成者 田畑, 貞寿, 白子, 由起子, 嶋田, 典司, 渡邉, 幸雄
作成者 (ヨミ) シラコ, ユキコ, シマダ, ノリツグ
作成者の別表記 TABATA, Sadatoshi, SHIRAKO, Yukiko, SHIMADA, Noritsugu, WATANABE, Yukio
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 手賀沼は都市化による水質汚濁が著しく, 湖沼域については, 既に都市化による土地利用の変化, 緑被地率の増減と水質の関係, 家庭雑排水の処理システム等について知見を得ている.これらの結果をふまえ, 本研究では手賀沼の大堀川流域を対象に, 水辺植物を利用して水質浄化をはかるとしたら, どの程度の緑地を造成すればよいか等について知見を得ることを目的に実施した.4種の水辺植物を採取して窒素・リンの含有量を測定したところ, ヨシの1m^2当たりの窒素含有量は22.2g, リン含有量は1.5gであった.つまり, 水辺植物は水質浄化に利用できるものと考えられる.次に, 雑排水中の窒素・リンをヨシ群落で浄化する場合のヨシ群落の面積を試算したところ, 2〜4haを要することがわかった.
The purpose of this study is to consider the usefulness of waterfront plants and the waterfront open space for the water purification. This study picked out the Ohhori valley in Tega marsh where is most polluted site in Japan. We picked four species of waterfront plants and analyzed their nitrogen and phosphorus contents. The result was that Phragmites communis Trinius contained 22. 2g/m^2 nitrogen and 1.5g/m^2 phosphorus. Therefore, the waterfront plants are useful the water purification. For the purification of nitrogen and phosphorus in the sewage by using communis, we require 2〜4 ha of its colony at the waterfront open space.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026262
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.41 page.61-66 (19880318)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283385.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

570 times.


Search
Related Materials in