Back
内部埋め込み型環状電極を用いた誘導帯電式2流体ノズルの静電散布特性   :   Electrostatic Spraying Characteristics of Twin Fluid Nozzle with Embedded Annular Induction Charging Electrode 

作成者 内野, 敏剛, 松尾, 昌樹, 飯本, 光雄
作成者の別表記 UCHINO, Toshitaka, MATSUO, Masaki, IIMOTO, Mitsuo
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 ノズルキャップ内部に環状誘導電極を埋め込んだノズルを試作し, 静電散布を行い以下のような結果を得た.1.液滴径は霧化空気圧Paの増加に伴い減少するが, 電圧の印加による変化はなかった.2.印加電圧Vが0〜-6kV程度まで増加すると仮比電荷q_eは急増するが, さらに電圧が増加すると漸減した.3.霧化空気圧Paを増加するとq_eは増加した.4.P_a=343kPa時はノズル・電極間距離Lの増加に伴いq_eは若干増加した.5.q_eは電極幅Wが1mmのとき最大となった.6.外部環状電極に比べて, 供試内部埋め込み型環状電極は最大仮比電荷が約14%と低かった.この主な原因は, ノズル内の噴流の通路が異常に長く電極が濡れやすいためと思われる.
A twin fluid nozzle with an embedded annular induction charging electrode was designed and tested. With the increase of atomizing air pressure, the spread droplet size decreased and the apparent charge to mass ratio increased. The effect of applied voltage on droplet size was small. When the atomizing air pressure was 343kPa, the apparent charge to mass ratio increased slightly with the increase of distance between the nozzle and the electrode. As the electrode width decreased, the apparent charge to mass ratio increased. This was due to a decrease in droplet deposition onto the embedded electrode.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026271
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.42 page.1-5 (19890228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283402.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

592 times.


Search
Related Materials in