Back
千葉県における残存自然林の分布および種多様度と冬季の温度条件との対応   :   Relation of winter air temperature to distribution and species diversity of natural forests in Chiba prefecture, central Japan. 

作成者 田邉, 仁, 沖津, 進, 高橋, 啓二
作成者 (ヨミ) タナベ, マサシ, オキツ, ススム, タカハシ, ケイジ
作成者の別表記 TANABE, Masashi, OKITSU, Susumu, TAKAHASHI, Keiji
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 千葉県に残存する自然性の高指林分について, その分布と種多様度について冬季の温度条件との対応を検討した.その結果:(1)落葉広葉樹混交林の分布は1月の平均気温4℃以下の地域の北斜面に多くみられた.一方, スダジイ林はこの地域の北斜面では分布が限られる傾向にあった.(2)スダジイ林の種多様度は1月の平均気温が低下するほど低い値を示した.また, 構成種数や, 均等度も同様の傾向にあった.これらのことは, 冬季の温度条件が低い地域はスダジイ林の分布に適した環境ではないことを示唆している.(3)以上の結果から, 1月の平均気温4℃以下の地域の北斜面においてスダジイ林の分布が制限され, 落葉広葉樹混交林が成立する可能性が高くなると考えられる.
Distribution and species diversity of natural forests in Chiba prefecture were studied in relation to winter air temperature. Winter air temperature strongly affects the distribution of forest types: deciduous species rich forests restricted themselves to the north slopes in the area with its January mean temperature of lower than 4℃, while Castanopsis forests widely distributed in the area with its January mean temperature of higher than 4℃. On the other hand, summer air temperature showed no clear correlation to forest distribution. The species diversity in Castanopsis forests decreased with the decrease of January mean temperature, suggesting that the winter air temperure also affects the species diversity in forests in Chiba prefecture.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026275
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.42 page.39-48 (19890228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283406.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

631 times.


Search
Related Materials in