Back
わが国における庭園学教育の発祥に関する研究   :   A study on the process of formulation of the garden education in Japan 

作成者 白井, 彦衛, 西村, 公宏
作成者 (ヨミ) ニシムラ, キミヒロ
作成者の別表記 SHIRAI, Hikoe, NISHIMURA, Kimihiro
日本十進分類法 (NDC) 629
内容 本研究は, わが国における庭園学教育の発祥を, 明治期に庭園学の内容を含む講座を担当した学識者の庭園観に求め, 特徴を有しつつも従来ほとんど取り上げられなかった, 鏡, 林, 古宇田, 佐藤らの庭園観に重点をおいて研究を進めた.その結果, 日本庭園の伝統を尊重しつつも, 生活の近代化に対応した新しい庭園に対する要望が多くの学識者に見られた.しかし, この新しい庭園は都市公園の概念に似ていること, そして, この論拠の根底には日本庭園は欧米の庭園と対等であるという考えがあり, 本格的な公園という, 当時の日本にない概念が登場した時, 明治期に庭園学を志向した学識者の庭園論は, 近代造園学のきっかけをつくったという評価のみを残して消えてゆくのである.
The garden education in Japan has its origin in the view by academic personnel responsible for trainings including garden in Meiji era. Although the formulation of garden education was achieved through the understading of the new style of gardens along the modernization of Japanese society, it had its basis in the respect of traditional Japanese gardens which were conceived to be a counterpart of those in the western tradition. Along with the introduction of public park, that was a totally new concept for Japanese society, the garden education in Meiji era was only entitled to receive the evaluation that it had provinced a touchstone for the modenization of Landscape Architecture in Japan, and eventually disappeared.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026276
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.42 page.49-57 (19890228)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283407.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

649 times.


Search
Related Materials in