Back
野菜作経営部門の判別関数による分析   :   Discriminant Analysis of a Vegetable Division of Farm Management 

作成者 吉田, 昌之
作成者の別表記 YOSHIDA, Masayuki
日本十進分類法 (NDC) 611
内容 本稿では, 最初に農業経営診断の必要性を指摘し, つぎにこれまでに役立てられてきた診断方法である直接比較法およびその改善方法を掲げ, その内容や留意点などを明らかにした.さらに, 主目的である野菜作経営部門の診断に判別関数を応用する方法を明らかにした.最後に, 判別分析による診断方法を現実のトマト部門経営に適用し, その有効性を検証した.その結果, 判別分析は部門診断に有用な方法であることが確認された.今後は, この方法の有効性をさらに確かめるため, 他地域, 他機関に適用する必要があるが, 実行にあたって, とくに留意しなければならない点を列挙し, むすびとする.(1)分類基準の明確化 判別分析を適用するさい, あらかじめ農家を明確な分類基準に従ってグループ分けしなければならない.農業経営の場合, その基準がかなり曖昧になる可能性があるので注意を要する.本稿では, 資料の収集上, 部門純生産の平均値を用いて農家の分類を行ったが, 分類基準にふさわしい指標があれば, それによるのが適切であると考える.(2)標本集団の範囲と大きさの決定 分析を行うさい, 標本集団の範囲と大きさの決定は, 分析者の判断に委ねられることが多いが, それが判定結果を左右するおそれがある.従って, 2群の集団の規定の仕方によって, 基本統計量がいかに変化するかを吟味し, 判別関数の安定性をチェックする必要があろう.(3)判別変数の選択 重回帰分析においては, 説明変数の数を必要以上にふやすと当該データへのあてはまりは向上するものの, 予測能力は低下する.判別分析でも同様であり, 不必要な変数を判別関数に含めると, 推定するパラメータがふえるために, 判別関数の予測能力すなわち判
The research of farm diagnosis is an important part of farm management research. Roughly classified, there are two categories in quantitative methods of farm diagnosis. One is the traditional farm diagnosis approaches, and the other is the mathematical approaches by using multivariate analysis. The purpose of this paper is to introduce a method of farm diagnosis by discriminant analysis which is one of multivariate analysis methods, and to verify by making a practical application to a vegetable division of farm management. The results are summarized as follows: (1) The discriminant functions estimated by using data of 44 farms which plant tomatoes as a vegetable division of farm management are very significant statistically as a whole. (2) According to results estimated, discrimination between superior and inferior farming depends upon six key elements of diagnosis, namely, planted area, materials cost and depreciation per 10 ares, selling quantity per 10 ares, percentage of total selling quantity to quantity of plant A, percentage of total quantity to grade L and 2L, and percentage of total quantity to selling quantity during October to December. (3) Discriminant scores are useful for pointing out the defects and making a proposal on the way of improving the management for inferior or particular farms. (4) In conclusion, it has been definitely shown by this study that the method of farm diagnosis by discriminant analysis can be helpful to provide farmers with exact knowledge to recognize or improve their farms.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026293
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.43 page.45-53 (19900200)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283431.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

678 times.


Search
Related Materials in