Back
マサ土の霜柱発生機構に関する研究   :   Studies on the Growth Mechanism of Frost Pillars on Masa Soil (Decomposed Granite Soil) 

作成者 金, 敏洙, 金光, 達太郎, 矢橋, 晨吾
作成者 (ヨミ) キム, ミンソオ, コンコウ, タツタロウ, ヤバシ, シンゴ
作成者の別表記 KIM, Minsoo, KONKO, Tatsutaro, YABASHI, Singo
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 マサ土の霜柱発生機構を明らかにするため, 阿武隈山系から採取した2種類のマサ土を用いて, 霜柱の発生に関与すると考えられる土の物理性のうち, 密度, 粒度組成, コンシステンシー, 熱伝導率, pF水分特性, 水分拡散係数並びにポアー分布などを検討した.得られた結果は以下のとおりである.1)関東ロームよりマサ土の方が, マサ土2よりマサ土1の方が霜柱が立ちにくい.また, 霜柱が立っても霜柱の高さが低くなった.2)土の密度が高くなるほど霜柱が立ちにくかった.3)土の種類によっても, また, 同じ土でも密度によって霜柱の発生に差があるが, この原因の一つは熱伝導率が高いほど, 地中から上部層への熱の伝導が速くなることから, 表層土の地温低下が遅れるため霜柱が発生しにくくなったものと推察される.4)土の密度の相違によって霜柱の発生に差が表れた他の原因は, 給水機能に関係があり, 給水機能の差は霜柱発生有効水分量の差で示される.5)土の種類及び土の密度によって熱伝導率と給水機能に差があることは土塊のポアー容積量に差があることと関係がある.以上のように2種類のマサ土はともに, 起霜機能は有しながら, マサ土1はマサ土2に比べ給水機能が劣るとともに, 熱伝導率の大きかったことが霜柱を発生しにくくした要因と考えられる.要因のいずれが主要因であるかについては今後水分と熱の流れの数量的検討によって明らかにしたい.
It is observed that frost pillars show different growing rates according to soil types and densities. The study was carried out to clarify this cause of the difference in the growing rates. Two types of masa soil (decomposed granite soils), each with four levels of density, were prepared, and the physical properties such as the heat conductivity and the coefficient of water diffusion were investigated as a possible cause of the difference. The results obtained are summarized as follows; 1. Frost pillars grow in lower height on the masa soil 1 than the masa soil 2. 2. Frost pillars grow less on the soil with higer density. 3. The masa soil 1 and the masa soil 2 both contain fine particles (3-5μm) which are necessary for the growth of frost pillars. 4. Since the masa soil 1 has a higer heat conductivity than the masa soil 2, frost pillars grow later on the former soil than the latter soil. 5. Due to the less water available in the masa soil 1 than the masa soil 2, which is necessary for the growth of frost pillars, frost pillars grow in lower height on the former soil. 6. The soil with a higer density has a higer heat conductivity and less water available.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026296
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.43 page.73-77 (19900200)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283434.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

626 times.


Search
Related Materials in