Back
緑化樹の潮風害における風衝と付着塩分に関する風洞実験   :   Wind tunnel experiments on the effect of wind blow and adhering salt in salty wind damage on landscaping trees 

作成者 冲中, 健, 賤機, 高康, 小林, 達明
作成者 (ヨミ) オキナカ, タケシ, シズハタ, タカヤス
作成者の別表記 OKINAKA, Takeshi, SHIZUHATA, Takayasu, KOBAYASHI, Tatsuaki
日本十進分類法 (NDC) 629.7, 623
内容 緑化樹の潮風害は, 風衝と付着塩分の相乗作用によって引き起こされるものと推測されている.本研究は, この事を実証する目的で, 風洞を用いて, 12種の緑化樹について実験を行なったものである.実験の結果, 上の推測の妥当であること, また緑化樹の潮風害には幾つかの共通パターンが存在すること, その共通パターンは常緑樹と落葉樹に大きく2大別出来ること等がわかった.
Salty wind damage on landscaping trees is thought to be caused by the complex of physical effect by wind blow and of chemical effect by adhering salt. In this study, we investigated the condition of damage for 12 landscaping tree species using a wind tunnel. The results showed the complex effects and two common patterns in effect-complex were presented corresponding to tree groups as evergreen and deciduous.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026300
ISSN 0069-3227
NCID 0069-3227
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.43 page.121-128 (19900200)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283438.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

653 times.


Search
Related Materials in