Back
都市環境における芸術の導入手法.II : 公共彫刻の内容と環境の関連について   :   Studies of Introducing the Art into the Urban Environment. II : Relationship between Items of the Public Sculpture and the Environment 

作成者 竹田, 直樹, 白井, 彦衛
作成者 (ヨミ) タケダ, ナオキ
作成者の別表記 TAKEDA, Naoki, SHIRAI, Hikoe
日本十進分類法 (NDC) 704
内容 横浜市の公共彫刻をケーススタディとして, 公共彫刻のもつアイテムと設置環境の種別との関係を分析した.公共彫刻のアイテムを規模, 正面性, 形態としてとらえ, 設置環境の種別を道路関連空間, 建築関連空間, 公園関連空間の3つに類型して考察した結果, 公共彫刻のアイテムの内容と設置環境の種別との適合性に関する次のような関係を見出すことができた.(1)規模が大きい作品は, 建築関連空間より公園関連空間に「適合する傾向がある」.(2)抽象作品は, 他の空間と比較して道路関連空間に「適合する傾向がある」.(3)具象作品は, 他の空間と比較して公園関連空間に「適合する傾向がある」.
In order to analyze relations between the items of the public sculptures and their environment, we brought a case study of public sculptures in Yokohama City into operation. We analyzed the public sculpture into its scale, frontage and form. We also classified urban environment into the road area, the architecture area and the park area. As a result, the follwing conclusions are obtained: a) Big scale tends to fit better to the park area than to the architecture area. b) The abstract works tend to fit better to the road area than to others. c) The figurative works tend to fit better to the park area than to others.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026302
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.43 page.135-142 (19900200)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283440.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

551 times.


Search
Related Materials in