Back
わび茶と露地(茶庭)の変遷に関する史的考察 : その6:石州・不昧における露地の展開   :   A Historical Consideration on the Changes of the Wabicha (Tea Ceremony) and the Roji (Tea Garden) : Part6: The Development of Tea Garden by Katagiri Sekishu and Matsudaira Fumai 

作成者 浅野, 二郎, 仲, 隆裕, 藤井, 英二郎
作成者 (ヨミ) ナカ, タカヒロ
作成者の別表記 ASANO, Jiro, Naka, Takahiro, Fujii, Eijiro
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 この論文では, 片桐石州, 松平不昧の茶室と露地の特性について検討した.石州のそれについては特に, 彼が晩年創建した慈光院に好んだ二畳台目茶室と露地および書院座敷とその庭がもつ空間構成の特性について吟味し, 露地と書院の庭の出会いと連らなりに関わる背景と特質について考察した.石州の茶の流れを汲む不昧が, 寛政4年に好んだと伝えられる菅田山荘の茶室・菅田庵とその露地, および向月亭とその庭の特性について吟味し, 特に書院の庭のもつ特性が菅田庵の露地との自ずからなる連繋をつくり出すことについて考察した.さらに, 慈光院の庭と菅田山荘の庭がもつ空間構成の特性の系譜について, 遠州の創造した忘筌の露地を含めて検討し, これらの露地がもつ意味とその空間構成の展開には互いに深いかかわりのあることを指摘した.
We analysed the relationships between the tea garden and the shoin style garden of Jikoin which Sekishu constructed late in his life. We also analysed the tea garden of Kandenan or the tea house and the shoin style garden of Kogetsutei of the villa of Kanden, which Fumai would have planned, and indicated the harmonious collaboration between them in more progressed style than in Jikoin. Finally, we pointed out the close relationships among the garden of Jikoin and the villa of Kandenan, and the garden of Bosen of Kobori Enshu.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026305
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.43 page.157-168 (19900200)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283443.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

712 times.


Search
Related Materials in