Back
キュウリモザイクウイルスに対するメロン品種の感受性   :   Susceptibility of Melon Cultivars to Cucumber Mosaic Virus 

作成者 雨宮, 良幹, 平井, 智美, 東浦, 実, 平野, 和弥
作成者 (ヨミ) アメミヤ, ヨシミキ, ヒライ, サトミ, ヒガシウラ, マコト, ヒラノ, カズヤ
作成者の別表記 AMEMIYA, Yoshimiki, HIRAI, Satomi, HIGASHIURA, Makoto, HIRANO, Kazuya
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 メロン品種のキュウリモザイクウイルス(CMV)に対する感受性について調査した.メロンの各品種はCMVの黄斑系と普通系により, 接種葉には退緑斑が形成される.そして上位葉では, 最初葉脈の退緑や退緑斑が現われ, やがて明瞭なモザイク症状を呈する.病徴の激しい感受性の品種では株の生育が著しく抑制されるが, 抵抗性の品種では病徴も軽微で生育も全く抑制されなかった.交配系統から各品種を群別してみると, アールス系メロンを交配母本に含む品種群と感受性が高く, マクワウリを交配母本に含む品種群には抵抗性が有する品種が多く認められた.感受性品種と抵抗性品種との間には接種葉におけるウイルスの増殖量に顕著な差異が見られ, 抵抗性品種ではウイルスの増殖あるいは移行が強く抑制されることが示唆された.
Melon cultivars collected in Japan were examined for their susceptibility to cucumber mosaic virus. Most plants developed chlorotic spots on the virus-inoculated leaves and vein-clearing or chlorotic spots which were followed by mosaic symptom on systemically infected leaves. Susceptible cultivars developing severe mosaic also showed stunting. In contrast, highly resistant cultivars rarely showed these systemic symptoms. Most of the resistant cultivars were found in the group of cultivars derived from Makuwauri (Cucumis melo L. var. makuwa). The virus titre in the inoculated leaves from resistant cultivars was much lower than that from susceptible cultivars. It was assumed that the virus multiplication or movement was strongly suppressed in resistant cultivars.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026309
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.43 page.191-198 (19900200)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283447.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

732 times.


Search
Related Materials in