Back
Rhodopseudomonas sp. No.7よりのメチオニンスルホキシミン自然耐性変異株の分離とそれらの生理学的諸性質   :   Isolation of Spontaneous Mutants Having Resistance to Methioninesulfoximine from Rhodopseudomonas sp. No.7 and Their Physiological Properties 

作成者 藤井, 貴明, 渡辺, 哲朗, 安藤, 昭一, 矢吹, 稔
作成者 (ヨミ) フジイ, タカアキ, ワタナベ, テツロウ, YABUKI, Minoru
作成者の別表記 FUJII, Takaaki, WATANABE, Tetsuro, ANDO, Akikazu
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 紅色非イオウ細菌Rhodopseudomonas sp. No7を5mMのメチオニンスルホキシミン(MSX)の存在下で培養すると, 自然にMSXに耐性能を持った細胞が出現してきたので, これらを分離した.分離株の中には, 細胞内のグルタミンシンテターゼ活性のレベルが, 野性株に比べ2倍ほど高い株が見いだされた.この耐性変野株による水素発生は, 500μM MSXによって影響を受けなかった.また, 水素発生に関して, 低濃度の塩化アンモニウム(0.01%〜0.02%)に対して野性株よりも高い耐性を示した.
Resistant mutants were spontaneously induced when a purple nonsulfur bacterium, Rhodopseudomonas sp. No.7 was incubated in a medium containing 5mM methioninesulfoximine (MSX). The level of glutamine synthetase in some of the mutants was about 2 times higher than that of the wild strain. The hydrogen production of these mutants was not affected with 500μM MSX. For their ability of hydrogen production, they had higher ammonia tolerance than the wild strain in the presence of 0.01 to 0.02 0x1.3967cp-890mmonium chloride.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026310
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.43 page.199-204 (19900200)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283448.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

795 times.


Search
Related Materials in