Back
歴史的市街地における宅地割と「にわ」の存在形態   :   Lot Configuration and Arrangement of Residential Open Space in The Historic Urban Area 

作成者 宮城, 俊作
作成者の別表記 MIYAGI, Shunsaku
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本研究では関西地方に存続する6つの歴史的市街地を対象として, 宅地割の形態にみられる特徴から抽出される宅地のタイポロジー, その基準となる形状寸法, 「にわ」の存在形態, 家屋を含めた敷地平面構成, の4点を検討した結果, 以下の諸点が考察された.(1)抽出された住戸敷地の形態は, 宅地割のオリジナル形態にみられた形状と標準規模を何らかのかたちで継承している.(2)「にわの配列は, 宅地の形状と規模の基準値によって想定される敷地条件によく呼応し, 間口3〜4間, 奥行9間が「にわ」1単位の存在条件となっている.(3)「にわ」の単位と別棟の複数化は, 敷地規模, 特に奥行が増大することによって生じる.これによって敷地後部に「にわ」と家屋がヴァリエーションを持って配置されることになり, 街区内部の空間に街路側とは異なった多様化が担保されることを示す.
The composition of open spaces and building units on a residential lot represents a characteristic feature of the site plan built into the space sturucture of the historic urban area continued to be in the Kansai District. The standard dimensions of the residential site identified by examining site figures, site frontage length and depth have its origin in the moduler system of the lot configuration established on the early stage of urban development. The existing pattern of "Niwa" (yard or garden) units on a site plan has a close relationship with those standard dimensions. The way by which the open sapces and building units are arranged, particularly those with secondary units on the rear part of the site along with transformation of lot configuration, has created considerable diversity of space composition within a residential block in the historical process of urbanization.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026311
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.43 page.205-220 (19900200)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283449.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

593 times.


Search
Related Materials in