Back
都市公園のデザインにおける地域性の演出手法に関する事例的考察   :   A Study on Regionality Spatially Expressed in Design of Urban Parks 

作成者 齊藤, 亜矢子, 宮城, 俊作, 田畑, 貞寿
作成者 (ヨミ) サイトウ, アヤコ, ミヤギ, シュンサク
作成者の別表記 SAITOH, Ayako, MIYAGI, Shunsaku, TABATA, Sadatoshi
日本十進分類法 (NDC) 629
内容 本研究では, 個々の都市公園のデザインにおいて"質の向上"を図る一手段として, 「地域性」を演出する手法を取り上げた.デザインに地域性が演出されていると考えられる都市公園事例を取り上げ, 地域性の演出要素や開園年代, 公園種別などの全国的な傾向を把握した上で, それらを分類, 分析し, 公園デザインへの地域性の取り込み方や, 演出手法, 演出効果, 問題点, 課題等を考察した.なお分類においては, 公園の実間構成におけるレベルにより, 分類項目として「素材, エレメント, 立地, 景観」という4つのカテゴリーを設定した.次にケーススタディの分析によって, 地域性が取り込まれるレベルごとにあらかじめ推定した, 設計者のための地域性演出のポイントを事例的に検証した.これらにより, 公園デザインに地域性を演出することの今日的意義や今後の展望, 設計者の課題などを提起した.
Promoting regionality through the design expression of urban parks is an approach to achieving quality environment for outdoor recreation and characteristics of urban landscape. Based on a nationwide investigation of urban parks in terms of how the regional characteristics have been materialized in the design expression and its effects, the space composition of the parks was categorized in four items; material, element, location, and landscape. A case study was conducted with four typical examples that represent each category item. By analyzing spatial correlation between the item and overall characteristics to be expressed in the design, the expected designer's intention in promoting regionality was summarized in the form that leads to a further discussion on signgficance and future possibility in expressing regionality in the design of urban park.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026318
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.44 page.13-24 (19910301)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283465.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

630 times.


Search
Related Materials in