Back
イチゴ養液栽培の収益性   :   An Economic Efficiencies of Hydroponic Farming of Strawberry 

作成者 門間, 要吉, 慶野, 征ジ, 小林, 康平
作成者 (ヨミ) モンマ, ヨウキチ, コバヤシ, コウヘイ
作成者の別表記 MONMA, Yokichi, KEINO, Seiji, KOBAYASHI, Kohei
日本十進分類法 (NDC) 621, 615.731
内容 (1)本稿はイチゴの養液栽培農家14戸の収益性を実態調査の資料を用いて検討したものである.収益性の高い農家は収穫量が多いのみならず, その多くを市場価格の高い時期に出荷している.逆に収益性の低い農家は収穫量が少いだけでなく, 生産費も高く, かつ出荷期は市場価格の低い時期である.(2)イチゴの市場価格は季節別に大幅に変動し, 11月末から翌年1月中旬にかけて高く, 春に低い.収益性を高める最大の要因は, 市場価格の高い時期に収穫量のピークを合わせることである.しかし, 11月末から12月に収穫期を合わせるためには, イチゴ苗の花芽分化を8月末から9月に行わなければならない.ところが, この時期は気温が高く, 苗の栄養成長の旺盛なときである.したがって, 人工的に苗を冷蔵庫に入れ, あるいは根を切断して, 花芽分化を促進させることになるが, これが他方, その後の苗の成長に大きく影響し, 収穫の時期と量を左右することになる.イチゴ栽培技術の決定的なポイントである.(3)養液栽培は, 多額の資本投入によって経営が成立する.したがって, 極めて集約的でかつ高収入獲得可能な経営として展開されなければならない.イチゴ養液栽培の経済的安定のためにはまず, 増収技術の確立が重要であり, さらに高価格期に大量収穫を実現する技術的対応が欠かせない.そのためには, 経営者は, 常に養液栽培の基本的理論に立脚した科学的な施設の利用と同時に, イチゴのもつ生理生態上の特性を完全に理解するとともに, この特性を十二分に発現可能な諸施設の整備充実, 適確な技術的対応の可能性を確保されなければならない.たとえば, 養液調製補給にしても, メーカーの定める基準や手法を尊守して忠実に実践す
This paper listes one year's financial results from fourteen strawberry hydroponic farms located in Chiba and Tochigi prefectures, central Japan. The results indicated that there were wide variation per farm in a number of financial criteria studied. These included farm income, return per day for the operator (and family labour), and the ratio of net revenue to invested capital. The most successful farms had the largest harvest per 1000m^2 with the heighest gross sales and sold their products at the heighest market prices. The least successful farms had the smallest harvest per 1000m^2 but the heighest total costs, and sold their products at the lowest markes prices. The seasonal movement of strawberry prices is big and highest in winter, notably December and January which include Christmas and the New Year's Day, and is lower in spring season. The most successful farmers sold products more in winter than spring seasen whilst the least successful farmers sold more in spring. In order to harvest strawberries in early winter, the nursery plants must be processed for flower-bud differentiation by keeping the nursery plants in refrigerator with the temperature 10-15℃ for about one month in September or by cutting roots of nursery plants in September. Both methods harm the nursery plants considerablly, and is depend on technological level of farmers. Farmers who could process the nursery properly succeed to get fruits more in early winter.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026323
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.44 page.81-91 (19910301)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283470.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

730 times.


Search
Related Materials in