Back
プルラン資化性細菌の分離と諸性質ならびにその生産するプルラナーゼ   :   Isolation and Characterization of a Pullulan-utilizing Bacterium and Production of Pullulanase by the Isolate 

作成者 藤井, 貴明, 行方, 淳, 大野, 信子, 篠山, 浩文, 安藤, 昭一, 矢吹, 稔
作成者 (ヨミ) フジイ, タカアキ, ナメカタ, ジュン, オオノ, ノブコ, シノヤマ, ヒロフミ
作成者の別表記 FUJII, Takaaki, NAMEKATA, Jun, OHNO, Nobuko, SHINOYAMA, Hirofumi, ANDO, Akikazu, YABUKI, Minoru
日本十進分類法 (NDC) 465
内容 各種土壌試料の集積培養からプルラン利用性の細菌, A-1703株を分離した.本菌は, 内性胞子を形成する桿菌であった.われわれは, これをBacillus属に属すると同定した.A-1703株は, 細胞外にプルラン分解酵素を生産し, 本酵素は, 硫安分画とゲル濾過によって部分的に精製された.その分子量は約140, 000と推定され, 活性の最適pHは5.5〜6.0, 最適温度は50℃であった.本酵素はプルランよりマルトトリオースのみを生成することから, プルラナーゼ[EC 3.2.1.41]であることが示された.
A bacterium, strain A-1703 capable of utilizing pullulan was isolated from one of enrichment cultures inoculated soil samples. Strain A-1703 was rod shaped and formed edospore. We designated the organism as Bacillus sp. Strain A-1703 extracellularl produced a pullulan-degrading enzyme. The enzyme was partially purified by ammonium sulfate fractionation and gel filtration. The moleclar weight was estimated to be approximate 140, 000. The enzyme showed an optimal activity between pH 5.5 and 6.0 at 50℃. The enzyme produced only maltotriose from pullulan, indicating to be pullulanase [EC 3.2.1.41].

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026328
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.44 page.127-133 (19910301)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283475.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

627 times.


Search
Related Materials in