Back
本州中部山岳森林限界付近のダケカンバ萌芽株   :   Multiple-Stem Formation of Butula ermanii Growing at the Forest Limit on the High Mountains of Central Japan 

作成者 沖津, 進
作成者の別表記 OKITSU, Susumu
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本州中部の鳳凰山, 木曽駒ヶ岳, 西穂高岳において, 森林限界付近で純林を形成するダケカンバの萌芽性を検討した.1.萌芽株率(単幹も含めた全ての株に対する萌芽株;複数幹から成る株の割合)は25から50%におよび, 針葉樹林帯のダケカンバと比べてかなり高い割合であった.2.萌芽株の平均幹数は3から5本程度で, これは幹サイズとは相関を持たなかった.このことは, ダケカンバ株の萌芽性が幹のサイズや年齢とは関わりなく, ほぼ恒常的に維持されていることを示唆する.3.調査幹に対する萌芽幹の割合は50%前後で, 単幹の割合とほぼ等しかった.このことは, ダケカンバの後継樹の供給に萌芽が大きな役割を果たしていることを示している.4.萌芽株率は3山岳ともに, 冬季偏西風に対して風下側斜面の方が風上側斜面よりも高かった.このことから, 萌芽性を高めている環境要因として, 冬季の偏西風よりも多雪条件の方が重要であることが推察される.5.樹木の生育にとっては厳しい森林限界付近の環境条件に対して, ダケカンバは萌芽性を発揮することによって対応し, 分布域を安定して確保している.いっぽう, 多雪条件は針葉樹の侵入や成立を妨げている.これらのことから, ダケカンバが森林限界付近の特に風下側斜面で純林を発達させ, ダケカンバ帯を形成する要因として, 萌芽性の発揮が重要な役割を担っていることがわかる.
Multiple-stem formation was studied for Betula ermanii growing at the forest limit on three high mountains of Central Japan. The percentage of the multiple-stemed base was from 25 to 50, indicating much higher ratio than that of the birch in the coniferous forent zone. The mean number of trunks per multiple-stemed base ranged from 3 to 5, showing no clear decrease with the increase of the size of the largest stem within a base. This suggested that the multiple-stem formation of a base lasted for a long time, probably from 100 to 300 years, being independent of stem size and base age. B. ermanii at the forest limit regenerated via sprout from the stem base as well as seedlings. The best predictor for the multiple-stem formation was the deep snow in winter: the percentage of the multiple-stemed base was higher in the snowy leeward slopes than in the less snowy windard slopes. The multiple-stem formation plays an important role in the development of the B. ermanii zone at the forest limit on the high mountains of Japan.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026330
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.44 page.141-146 (19910301)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283477.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

577 times.


Search
Related Materials in