Back
佐原市の農村集落における土地利用の変容に関する研究   :   A Study on the Transformation of Land Use in the Rural Settlements in Sawara-City 

作成者 渡辺, 和夫, 中村, 攻
作成者 (ヨミ) ワタナベ, カズオ
作成者の別表記 WATANABE, Kazuo, NAKAMURA, Osamu
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本稿では, 佐原市の99の農村集落について, 1)集落域内の耕地とその集落に居住する農家により所有され経営されている耕地の面積的差と2)農業的土地利用の変化を分析した.その結果以下のことが確認された.1)大半の集落で二つの耕地の間に面積差がある.集落域の小さな集落が集落域の大きな集落の中に耕地を持つ傾向がある.2)集落を基礎とした従来の土地利用は農業的土地利用の変化と都市的土地利用の適切なコントロールの欠如により崩れてきている.
This paper analizes 1) the areal difference between farm lands in the territory of each rural settlement and farm lands actually owned and managed by farmers who live in the settlement 2) and the changes of agricultural land use based on rural settlement in 99 rural settlements in Sawara-City. This study confirms the following: 1. Most of settlements have the areal difference between the two farm lands. The settlement which has a small territory tend to have farm lands in the settlement which has a large territory. 2. The traditional land use based on rural settlement is decading with the changes of agricutural land use and the lack for adequate control of non-agricultural land use.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026331
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.44 page.147-156 (19910301)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283478.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

652 times.


Search
Related Materials in