Back
樹木からの距離と注視特性との関係 : キンモクセイの自然樹形の場合   :   Relationships between the Distance from a Tree and the Eye Fixation Patterns : A Case of Natural Tree Form of Osmanthus aurantiacus NAKAI 

作成者 藤井, 英二郎, 升谷, 素弥, 仲, 隆裕, 安蒜, 俊比古
作成者 (ヨミ) マスタニ, モトヤ, ナカ, タカヒロ
作成者の別表記 FUJII, Eijiro, MASUTANI, Motoya, NAKA, Takahiro, ANBIRU, Toshihiko
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 キンモクセイの自然樹形を対象に, 樹木からの距離と注視特性との関係について検討した.男性6人の被験者すべてにおいて樹木に近づくにつれて長い距離の注視点移動が増える傾向がみられた.また, そうした変化に加えて次の3つのタイプの変化が見られた.樹木に近づくにつれて注視点の移動方向が縦から横に変わるタイプと, 視点移動が速くなるタイプ, そしてそれらが共に現れるタイプである.また, そうした注視特性の変化が現れる距離は被験者によって多様であるが, 樹木から3〜5mの地点を境にすべての被験者の注視特性が変化することから, この距離がキンモクセイの自然樹形を見る場合の近景と中景を分ける距離になるものと考えられる.
We investigated the relationships between the distance from a natural tree of Osmanthus aurantiacus and the eye fixation patterns using ophthalmograph. The long distance movements of eye fixation increased with the decrease of distance from the tree in all subjects. Moreover, the three types of changes in eye fixation patterns are found with the decrease of distance from the tree, i. e. the changes in the directions and the speed of eye fixation movements. These changes are found at the distance of three to five meters from the tree in all subjects, then the distance of three to five meters from the tree would divide the close-range and the medium-range views.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026333
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.44 page.165-172 (19910301)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283480.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

595 times.


Search
Related Materials in