Back
保水剤の添加による土壌物理性の変化 : IV.保水剤が土壌構造に与える影響   :   Studies on the Changes of Soil Physical Properties by Adding of Water Holding Substances : IV. Effects on the Soil Structure 

作成者 雨宮, 悠, 矢橋, 晨吾, 金光, 達太郎, 金, 敏洙, 高, 錫九, 高橋, 悟
作成者 (ヨミ) ヤバシ, シンゴ, コンコウ, タツタロウ
作成者の別表記 AMEMIYA, Yu, YABASHI, Shingo, KONKO, Tatsutaro, KIM, Minsoo, KOH, Seukkoo, TAKAHASHI, Satoru
日本十進分類法 (NDC) 613.5
内容 保水剤が土壌に混合し, 吸水後混合土の含水比が増加するに伴って土壌内に分布している保水剤も吸収・膨潤し, 土壌構造が変化するが, このメカニズムを間隙特性で検討することによって追求した.土壌構造の変化については既報の(1)pF, 水分特性, (2)毛管上昇高及び(3)透水性等の変化過程から間接的に触れてきたが, これら3つの物理性と保水剤混合土の間隙構造とは必ずしも符合しない.元来, 土壌間隙の分布状態は複雑であり, また同時に保水剤それ自体の間隙構造も複雑であるから, 両者を混合すればその構造は一層複雑となることは当然のことといえよう.こうした構造の複雑さの増幅することが, 上記3つの物理性に現われたデータのバラツキに関与しているものと考える.高吸水ポリマーである保水剤の土壌改良剤としての利活用を発展させるためには, 基本的問題の一つとして保水剤混合土の構造特性を明かにしておくこと重要であると考える.得られた結果は以下のとおりである 1)保水剤の間隙分布特性は顆粒と粉末との間に大きな相違があり, また, 同じ顆粒と粉末においても, 粒子形状が保水剤Aの球状とBの板状との間に大差が見られる.2)粉末保水剤C及びDは間隙直径200-10μmの区間では, 両者の間に差があるものの, 10μm以下ではほぼ同一とみなされ, この区間に分布する間隙は殆ど存在しない.3) 1gr.当りの全間隙量について, 顆粒保水剤Aは粉末保水剤Dよりかなり少ない.4) 1gr.当りの全間隙量は粗粒土としての砂より細粒土としての関東ローム及び黒ボクの方がはるかに多い.5)粗粒土としての砂の間隙特性は10-200μmの区間にその主要な変化は限られ残部は極微小領域を除いてはきわめて平坦である.全間隙量は激しいバ
The changes in soil physical properties by adding water holding substances were studied. In the present paper, the results of soil structure which contained water holding substances was reported. Two kinds of water hoding substances, their addition rate and combination of materials, were investigated using granular substance (A), powder substance (D), sand, Kanto loam and kuroboku soil. The results obtained are summarized as follows: 1. Large difference was found in the pore distribution of water holding substances between glanule and powder. 2. Large difference was found in the pore distribution of water holding granular substances between granularity and platy. 3. Total pore volume of water holding granular substance (A) per 1gr. was smaller than that of powder substance (D). 4. Total pore volume of fine particle soils (Kanto loam and kuroboku soil) was larger than sand. And in sand, finer component had much more total volume than coarser. 5. Total pore volume of the soils containing water holding granular substance (A) was larger than that of original soils. However, the rate of increase of pore volume was not in proportion to the addition rate of water holding substance. Pore distribution changes in D-added samples extended to 0.1μm, but A-added only to a few μm.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026340
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.44 page.225-231 (19910301)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283487.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

755 times.


Search
Related Materials in