Back
保水剤の添加による土壌物理性の変化 : V.保水剤が締固め特性に与える影響   :   Studies on the Changes of Soil Physical Properties by Adding of Water Holding Substances : V. Effects on the Compaction of Soils 

作成者 矢橋, 晨吾, 雨宮, 悠, 金光, 達太郎, 滝下, 真之, 渡嘉敷, 勝, 高, 錫九
作成者 (ヨミ) ヤバシ, シンゴ, コンコウ, タツタロウ, タキシタ, マユキ, トカシキ, マサル
作成者の別表記 YABASHI, Shingo, AMEMIYA, Yu, KONKO, Tatsutaro, TAKISHITA, Mayuki, TOKASHIKI, Masaru, KOH, Seukkoo
日本十進分類法 (NDC) 613.5
内容 4種類の保水剤を用いて, 混合率を0.1, 0.5及び1.0%として, 2種類の砂を対象とした供試土を作成し, 湿潤過程における突固めによる締囲め試験を実施した.今回の実験では, 砂中における保水剤の膨潤時間は必ずしも十分与えなかったが, 結果的には興味ある締固め特性を検討することができた.本実験で対象とした土壌は粒度の分布範囲の異なる2種類の砂としたので, 保水剤混合土の締固め特性はやや単純なものと予測したが, 結果はかなり複雑な相様を呈することになった.いずれにしても, これまでに実施してきたpF-水分特性, 毛管上昇高, 透水性並びに間隙特性等の各試験から得られた結果とは多少なりとも関連性があるものと判断される.得られた結果は以下の通りである.1)砂のみの締固め曲線は水分範囲が狭く曲線形状は比較的平坦化している.2) 2種類の砂のみの締固め曲線を比較した場合, 粒径850〜425μm砂の方が粒径2, 000μm以下よりも曲線形状が平坦化している.3)保水剤の混合土についての締固め特性は粒径850〜425μm砂は粒径2, 000μm以下よりも変化に富んでおり, 複雑な曲線形状を示している.4)厳密にいえば混入した保水剤4種類ごとに締固め曲線の形状は異なるが, 共通した現象としては保水剤の混合率が増加するにしたがって乾燥密度(ρ_d)が減少し, 同時に締固め曲線の水分範囲が増大する傾向がみられる.5)保水剤の0.1%混合土は0.5%及び1.0%混合土に比べてかなり複雑な締固め特性を示す.6)保水剤の0.5%及び1.0%混合土は含水比が20%を越るとρ_dが急に減少を始める.
The changes in soil physical properties caused by adding water holding substances (WHS) were studied. In the present paper, the effects on compaction of soils of four kinds of WHS, their addition rate and combination of materials were investigated, using granular substances A and B, powder substances C and D, and three kinds of sand. The results obtained are summarized as follows: 1. Compaction curve of sand gave relatively flat lines. 2. In comparison of compaction curve of the two kinds of sand, the shape of curves of the sand with a grain size 850〜425μm was flatter than that of the sand with a grain size under 2000μm. 3. On the characteristic of compaction of sands which contained WHS, the sand with a grain size 850〜425μm were more diverse than the sand with a grain size under 2000μm and gave the complicated curve shapes. 4. Generally, dry density (ρ_d) of the soil mixed with WHS became smaller with increase in addition rate. 5. The characteristic of compaction of the mixed soil with 0.1% WHS was more complicated than the soil with 0.5 0x1.3c1b8p-890nd 1.0% WHS. 6. When the water content of the mixed soil with 0.5-0x1db55b085091p-148nd 1.0% WHS exceeded 20%, a sharp drop in the dry density (ρ_d) was observed.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026341
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.44 page.233-238 (19910301)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283488.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

695 times.


Search
Related Materials in