Back
ダイズベと病菌によるエダマメの莢黄化症状   :   Pod Yellowing of Soybean by Downy Mildew 

作成者 長尾, 英幸, 渡辺, 政夫
作成者 (ヨミ) ナガオ, ヒデユキ, ワタナベ, マサオ
作成者の別表記 NAGAO, Hideyuki, WATANABE, Masao
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 千葉県東葛飾地区で発生したエダマメの莢黄化症状の病徴とその病原菌について検討した.莢黄化症状はエダマメの莢の気孔から侵入したダイズベと病菌が, 柔組織および内果皮で旺盛に生育し, 卵胞子を形成した結果生じたものと考えられる.ラクトフェノール・アニリンブルーで染色し, 光学顕微鏡により植物組織内部における菌の伸長の様子を観察したところ, 細胞間隙に菌糸が観察され, 細胞内には特徴的な吸器の形成が観察された.現地圃場における発病調査の結果, エダマメの第3節および第4節に発病した莢がとくに多く観察されたが, 着莢数と発病莢数には対応関係が見られなかった.本病の伝染経路は現在のところ不明であるが, 経済的に被害が大きいことからもエダマメ品種(白毛種, 赤毛種)の罹病性やべと病菌のレースについて検討し, 速やかに防除対策を確立する必要がある.
Pod yellowing of soybean occurred in Higashi-katsushika district of Chiba prefecture and its pathogen were studied. Downy mildew of soybean invaded from stroma of the pod, and its hyphae extended through the parenchyma and the endocarp. Then oospores were produced there. Staining with lacophenol aniline blue, hyphal growth and formation of the characteristic haustoria in the cells were observed by light microscope. In the field survey, pods borne at the third and the fourth nods were severely infected but there were no relation between the number of pods and the number of infected ones. Epidemiology of this disease was not known. As the economic loss by this disease in this region got to be very serious, susceptibility of cultivar to downy mildew and race differentiation of this pathogen should be examined.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026347
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.44 page.279-282 (19910301)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283494.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

957 times.


Search
Related Materials in