Back
わび茶と露地(茶庭)の変遷に関する史的考察 : その7:宗和・みやびへの指向   :   A Historical Consideration on the Changes of the Wabicha (Tea Ceremony) and the Roji (Tea Garden) : Part 7: Sowa; An Approach to the Miyabi 

作成者 浅野, 二郎, 仲, 隆裕, 藤井, 英二郎
作成者 (ヨミ) ナカ, タカヒロ
作成者の別表記 ASANO, Jiro, NAKA, Takahiro, FUJII, Eijiro
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 小堀遠州とほぼ同時代に活躍した宗和は, 世に『姫宗和』と呼ばれ, 世上で行われた侘び茶とはいささか趣向の異なる茶の世界をつくりだしたといわれる.この論文では, 宗和が京師に屏居した理由について, これまで行われた見解とは別に新見解を提示し, この見解を裏づけるものとして, 彼が京屋敷に営んだ長四畳の茶室と, そこで行われた茶会の客組を取りあげた.次に, 彼の露地においてみられる「内坪」の構えについて取りあげ, それがもつ特性が, やがて園亭の設計の素地として展開した経緯を庭玉軒の「内つくばい」, 夕佳亭の土間, 縮遠亭の係わりの中で吟味した.ここでは同時に, 縮遠亭との係わりから夕佳亭の上段が建築当初から付設されていたであろうことを推測した.さらに宗和と利休, 織部, 遠州の露地に対する考え方の違いについても2, 3の茶書から吟味した.
The Kuge-cha had been descended by court nobles besides the succession of Wabi-cha from Jyoo to Rikyu, and Oribe and Enshu. The Kuge-cha is supported by a sense of beauty of Miyabi corresponding to the Wabi-cha by a sense of Wabi. In the tradition of Kuge-cha, nevertheless, the kuge-cha have been changed with the connection to the Wabi-cha. We picked up Knanomori Sowa, who corresponded to the changes of Kuge-cha as a tea ceremonial master of Wabi-cha, and discussed his approach to the Miyabi by the analysis of his several designs like Teigyokuken and Sekkatei, and the related literatures.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026355
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.45 page.55-64 (19920225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283515.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

654 times.


Search
Related Materials in