Back
不完全糸状菌Fusidium sp. BX-1のデンプン培地における生育とアミラーゼの生産   :   Growth and Amylase Production of an Imperfect Fungus, Fusidium sp. BX-1 in a Starch Medium 

作成者 藤井, 貴明, 大野, 信子, 内山, 茂, 宋, 淑, 篠山, 浩文, 安藤, 昭一
作成者 (ヨミ) フジイ, タカアキ, ウチヤマ, シゲル, シノヤマ, ヒロフミ
作成者の別表記 FUJII, Takaaki, OHNO, Nobuko, UCHIYAMA, Shigeru, SONG, Suk, SHINOYAMA, Hirofumi, ANDO, Akikazu
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 不完全糸状菌, Fusidium sp. BX-1は, 炭素源としてワキシースターチ(トウモロコシ), 窒素源として酵母エキスを含む培地中で良好に生育し, 細胞外に複数のアミラーゼを生産した.これらの酵素(アミラーゼIとII)が培養濾液より硫安分画, DEAE-ならびにCM-セルロースを用いたクロマトグラフィー, Sephadex G-150を用いたゲル濾過を行って精製された.アミラーゼIとIIは, ポリアクリルアミドゲル電気泳動において同一の移動度を示した.これら酵素の分子量は約52, 000と算定された.両酵素の諸性質が調べられた.アミラーゼIはα-アミラーゼ, アミラーゼIIはグルコアミラーゼであることが示唆された.
An imperfect fungus, Fusidium sp. BX-1, showed a good growth on starch and extracellularly produced amylases (I and II). Amylase I and II were purified to homogeneity by ammonium sulfate fractionation, DEAE-cellulose chromatography, CM-cellulose chromatography and Sephadex G-150 gel filtration. The electrophoretical mobilities of amylase I and II on native and SDS-polyacrylamide gels exactly coincided with each other. The molecular weight of these was estimated to be about 52, 000. Properties of these were examined. Amylases I and II were identified as belonging to α-amylase and glucoamylase.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026356
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.45 page.65-69 (19920225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283516.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

712 times.


Search
Related Materials in