Back
多価アルコール共存下におけるAspergillus niger β-キシロシダーゼの反応とキシロシルグリセロールの酵素的合成   :   Transxylosyl Reaction of Aspergillus niger β-Xylosidase in the Presence of Polyhydric Alcohols and Enzymatic Synthesis of Xylosyl Glycerol 

作成者 篠山, 浩文, 山沢, 明子, 安藤, 昭一, 藤井, 貴明
作成者 (ヨミ) シノヤマ, ヒロフミ, ヤマサワ, アキコ, フジイ, タカアキ
作成者の別表記 SHINOYAMA, Hirofumi, YAMASAWA, Akiko, ANDO, Akikazu, FUJII, Takaaki
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 グリセロール, D-ソルビトールのような多価アルコール共存下におけるAspergillus niger IFO 6662 β-キシロシダーゼの糖転移反応について検討し, 次のような結果を得た.(1)多価アルコール共存下におけるβ-キシロシダーゼの反応性(フェニルβ-キシロシドの分解速度)は多価アルコールを含まないときに比べて, エチレングリコールを除き, おおよそ40-60%増大していた.また, 多価アルコールへの転移率は, おおよそ80-90%とかなり高い値を示し, 効率良くβ-キシロシドを生成していることが示唆された.(2)キシロビオースを反応供与体とし, グリセロール, エチレングリコール, D-ソルビトール共存下で本酵素を作用させて得られた転移生成物の構造をNMRを用いて検討したところ, グリセロールについては1-O-β-D-xylosyl glycerol, 2-O-β-D-xylosyl glycerol, 3-O-β-D-xylosyl glycerolの3種異性体の混合物, エチレングリコールについてはO-β-D-xylosyl ethylene glycol単一物質, D-ソルビトールについては6-O-β-D-xylosyl D-sorbitolを主物質とする異性体の混合物と考えられた.(3)キシランの加水分解物(キシロオリゴ糖混合物)を反応供与体としたときのキシロシルグリセロールの酵素的合成について検討したところ, キシロオリゴ糖1g(キシロース3.3%, キシロビオース61.1%, キシロトリオース及びそれより重合度の高いキシロオリゴ糖34.9%), グリセロール10gから558mgのキシロシルグリセロールの精製標品が得られた.本報告の一部は, 日本農芸化学会1990年度大会(九州)において発表した.
Transfer reaction of Aspergillus niger IFO 6662 β-xylosidase in the presence of polyhydric alcohols was studied. The rate of phenyl β-xyloside degradation increased by approximately 40-60 0n the presence of 10 or 25% (w/v) polyhydric alcohols excludes ethylene glycol. About 80-901024713254f xylose residues which could be liberated from phenyl β-xyloside by the enzyme was transfered to each polyhydric alcohol. The transfer products from xylobiose and polyhydric alcohols (glycerol, ethylene glycol, D-sorbitol) were isolated and their structures were examined. The transfer product in the presence of glycerol was a mixture of 1-O-β-D-xylosyl glycerol, 2-O-β-D-xylosyl glycerol and 3-O-β-D-xylosyl glycerol. The transfer product in the presence of ehtylene glycol was O-β-D-xylosyl ehtylene glycol and the transfer product in the presence of D-sorbitol was a mixture of 6-O-β-D-xylosyl D-sorbitol and other xylosides. On the other hand, the enzymatic synthesis of the xylosyl glycerol from xylan hydrolyzate (xylooligomer mixture) was attempted through the transxylosyl reaction of the enzyme. Five hundred and fifty eight mg of the xylosyl glycerol was obtained from 1g of xylooligomer mixture (consisting of xylose : 3.3%, xylobiose : 61.1%, xylotriose〜: 34.9%) and 10g of glycerol.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026357
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.45 page.71-77 (19920225)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283517.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

711 times.


Search
Related Materials in