Back
Micrometeorological Observations in the Islamabad-Rawalpindi Area, Pakistan   :   パキスタンのイスラマバード・ラワルピンディ首都圏地域における微気象観測 

作成者 Kon, Hisashi, Miyagi, Shunsaku, Nakayama, Keiichi, Tabata, Sadatoshi
作成者 (ヨミ) コン, ヒサシ, ミヤギ, シュンサク, ナカヤマ, ケイイチ
作成者の別表記 今, 久, 宮城, 俊作, 中山, 敬一, 田畑, 貞寿
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 半乾燥地帯における緑地の微気象に与える影響を調査するため, パキスタンのイスラマバードとラワルピンディ地域において気象観測を行った.ラワルピンディに対して, 計画的に作られたイスラマバードには非常に多くの植物が繁茂している.観測結果は, ラワルピンディに対してイスラマバードの気温が約2度低く, 相対湿度は約10%高いことを示した.イスラマバードはラワルピンディより多少風が強く, 空気の上下の混合が活発で, そのうえ緑地や近くの湖からの蒸発散の潜熱による冷却効果が働いているものと考えられる.
Micrometeorological observations were conducted in the semiarid region of Islamabad-Rawalpindi, the capital district Pakistan. The area of open space that is planted densely in the planned city of Islamabad is far greater than that in Rawalpindi. Results showed that the temperature in Islamabad was 2℃ lower and the relative humidity was 10 0gher than those in Rawalpindi. It is considered that Islamabad area is cooled by a somewhat greater wind speed than Rawalpindi and the latent heat of evapotranspiration from the green spaces and bodies of water.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026367
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.46 page.47-52 (19920325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283537.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

694 times.


Search
Related Materials in