Back
保水剤の添加による土壌物理性の変化 : VII.混合土の剪断特性   :   Studies on the Changes of Soil Physical Properties by Adding of Water Holding Substances : VII. Shear Strength of Mixed Soils 

作成者 矢橋, 晨吾, 雨宮, 悠, 柳, 南馨, 崔, 炯碵
作成者 (ヨミ) ヤバシ, シンゴ
作成者の別表記 YABASHI, Shingo, AMEMIYA, Yu, RYU, Nam-heyong, CHOI, Hyeong-seok
日本十進分類法 (NDC) 613.5
内容 保水剤混合土の強度特性を明らかにするために, 4種類の保水剤を混合率を変えて砂に混入し供試土を作成した.これらに対照土としてベントナイトを加えて検討した.まず, 混合土の流動特性を把握し, それを踏まえて剪断特性の解明を試みた.得られた結果は以下の通りである.1.混合率の少ない供試土の流動曲線を求めることはかなり困難である.2.混合率が増大するのに伴って, 流動曲線は高含水比に向って上昇し, 同時に流動指数も大きくなる.3.ベントナイト混合土については, 1.0%以下の低混合率では測定がかなり困難であるが, 10%を越えるとコンシステンシーが顕著に現れ, 一般土に近づいていく.4.一面剪断試験による保水剤混合土の強度定数のうち剪断抵抗角(φ)は原土より小さくなり, 一方, 原土の粘着力(c)が0値を示すことに対して, 多少なりともcが発現する.
The strength of the sand mixed with the water holding substances was examined with using the bentonite mixed sand as control. The results show that the stable flow curves are hardly acquired under the low mixing content of substances, and these curves raise to the high wetness with increasing the mixing content and more the gradient of flow curves becomes steeper. The consistency for the bentonite mixed sand appears remarkably in the content more than 10% by weight, but the flow curves are also unstable in low mixing content less than 1 0x1.38574p-890s well as water holding substances. The shear strength constants for the bentonite mixing sand become higher than for the sand with substances.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026380
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.46 page.149-154 (19920325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283550.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

649 times.


Search
Related Materials in