Back
プレイグラウンド舗装材としての砂の改良   :   Improvement of Sand as a Play Ground Pavement Material 

作成者 雨宮, 悠, 矢橋, 晨吾, 柳, 南馨
作成者 (ヨミ) アメミヤ, ユウ, ヤバシ, シンゴ
作成者の別表記 AMEMIYA, Yu, YABASHI, Shingo, RYU, Nam-heyong
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 1)流動曲線精選クレー混合土ではシルト含有率が増加するに伴って液性限界は上昇し, 流動指数は大きくなる.しかし, シルト含有率が20%付近以下の範囲では明らかに非塑性となった.関東ロームの混合土中では混合率によって液性限界が大きく変化し, 流動の範囲が広がった.2)締固め特性精選クレー混合砂(20%, 50%)の密度がすべて原土より増大した.すなわち, 砂の充填に対して精選クレーが水分を与えられることによって滑剤としての機能を発揮している.関東ローム混合砂では混合率の増大とともに最大締固め密度が減少し, 一方, 最適含水比が増大して行く.3)透水性混合土の透水性は, 混合率の増加にともない小さくなってゆく.関東ロームの場合, 最大締囲め密度は20%に対して50%の方が小さくなっているが, kは逆に低下している.混合率が20%程度であればとk=10^<-4>cm/sのオーダーであることから, 降下浸透は期待できる.4)一面剪断試験精選クレーに関して, 粘着力cは混合率が0%から100%へ移行するにしたがって, 大きくなっている.剪断抵抗角に関してはクレー20%混合が最も大きく, 粒子間のかみ合わせが良いことがわかる.関東ロームに関しては粘着力は, 50%混合が最も大きな値となる試験結果が出た.5)混合土の団粒分析から, 精選クレーはロームに比べ団粒化しやすく, 精選クレーの結合力は関東ロームに比べはるかに強く, また破砕作用を愛けても団粒は殆ど破壊されない点が認められる.また, 関東ロームでは結合剤としての働きがあるが, その結合力は弱く, 実際のグラウンドに使用されても, 大きな期待はできない.精選クレーの混合土は, 踏圧前, 踏圧後ともかなりの飛砂防止効果がみられた.これは精選クレーが関東ロームに
Wind drift of soils and particles from the playing spaces in schools or kindergartens causes a public nuisance to their neghborhood, and more the pupils or children themselves are hurt. The sand pavement is required to be aggregated by some particle cementing agents to prevent from the wind drift. Here the selected clay originated in lime stone and Kanto loam volcanic ash are mixed into sand originated in the Narita layer and tested. According to the fundamental soil tests like a compaction, shear test and so on, the most compacted bulk densities are got at 20Invalid or incomplete multibyte or wide characterixing ratio in the selected clay and the Kanto loam. And a wind drift test shows the sand aggregates have more effective strength and resistance against the wind force in the selected clay agent than in Kanto loam.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026382
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.46 page.165-172 (19920325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283552.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

729 times.


Search
Related Materials in