Back
炎に対する樹木の耐火力に関する研究   :   Positive Study on the Fire Proof Capacity of Trees against Fire Flame 

作成者 斉藤, 庸平, 田畑, 貞寿, 岩河, 信文
作成者 (ヨミ) サイトウ, ヨウヘイ, イワカワ, ノブフミ
作成者の別表記 SAITO, Youhei, TABATA, Sadatoshi, IWAKAWA, Nobufumi
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本研究は, 建物火災において重要な火災の伝播要因である接炎に注目し, これに対する樹木の耐火力を実験データから評価を試みたものである.その結果, 樹木は, 炎に接したり包まれたときには, その樹葉がただちに炎上焼失するが, 樹冠全体への延焼は起こらないことが確認された.またいったん火災の炎が離れた場合には, ただちに燃焼が消失することも確認された.接炎した樹木の温度は, 風下側の場合で平均400℃から600℃におよび, 最大時1, 000℃を越える場合もあった.また風上側樹木でも200℃を越えることが確認された.接炎しなかった樹冠の温度は, 最大50℃前後の温度上昇に抑えられることも分かった.
This study has been conducted to observe the fire flame which constitutes an important cause for the heat diffusion in any building fire and try analyze the fire proof capacity of trees against fire flame though the experimental method. As a result of this analysis, it was verified that the tree leaves, once touched by a flame, had immediately caught fire and suffered from destruction but caused no spread of such fire over all crown of tree. It was also verified that in any fire flame once coming off, the fire burning went out at once. The temperature of flame touched tree reached level of 400℃ to 600℃ at the leeward side in average and on some cases, 1, 000℃ in maximum, while the temperature of the windward trees was confirmed as exceeding 200℃, It was further confirmed that the temperature of a tree crown which suffered no fire spread did not reach 50℃ in maximum.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026384
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.46 page.181-186 (19920325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283554.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

595 times.


Search
Related Materials in