Back
オオイタビの付着に関する基礎的研究   :   Fundamental Study on Adhesive Conditions of Creeping Fig 

作成者 冲中, 健, 山内, 幸, 朴, 容珍
作成者 (ヨミ) オキナカ, タケシ, ヤマウチ, コウ
作成者の別表記 OKINAKA, Takeshi, YAMAUCHI, Ko, PAKU, Yonjin
日本十進分類法 (NDC) 629
内容 温暖地の壁面緑化用つる植物として重要なオオイタビについて, その壁面の被覆にとって大切な付着性についての実験をおこなった.その結果, 日向・高い温度・粗い付着壁面・オオイタビの太いつるの方が, 日陰・低い温度・平滑な付着面・細いつるより, より強い付着力を得られることがわかった.
An experiment was done to determine what factors influence the adhesion of the Creeping Fig (Ficus pumila L.). Wooden walls were set up in the field and indoor. Two conditions of sunlight and humidity were used both in the field and indoor. The experiment showed that stronger adhesive force was found under the conditions of full sunlight, high moisture, rough wall surface and thick plant stem than under shade, low moisture, smooth wall surface and thin stem.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026390
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.46 page.229-234 (19920325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283560.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

671 times.


Search
Related Materials in