Back
Effects of Capillary Hydroponic System on the Growth, Yield and Quality of Tomato and Cucumber.   :   毛管水耕システムがトマト・キュウリの生育・収量・品質に及ぼす影響 

作成者 Shinohara, Yutaka, Maruo, Tooru, Ito, Tadashi
作成者の別表記 篠原, 温, 丸尾, 達, 伊東, 正
日本十進分類法 (NDC) 615.7
内容 吸い上げ式毛管水耕法(CUT), NFT, 湛液式水耕法(DFT)による蔬菜の生育・収量・品質に及ぼす影響を比較した。NFTによるトマトの根には多くの根毛が観察され, これらが空中の酸素を直接吸収するのに役立っているものと思われた。CUTによるトマトの根重は, DFTのものと同様であったが, 地上部の生育および収量は約50%減少した。CUTの毛管マット上にロックウール粒状綿を置いて水分条件を改善したところ, トマトの生育・収量は20%以上増加したが, DFTのものに比べると依然劣った。CUTによるトマト果実の品質は優れ, 糖度・酸度・果実硬度ともに顕著に高い値となった・CUTによって生育・収量ともに優れた生産をあげるにはさらにシステムの改善が必要と思われた。水分条件の優れた吸い下げ式毛管水耕法(CDT)を用いてキュウリを栽培したところ, NFTによるものと差が見られず, この方式が上記の問題の一つの解決法となりうることを示した。
The characteristics of Capillary Up Technique (CUT), Nutrient Film Technique (NFT) and Deep Flow Technique (DFT) were investigated. The root system of tomato grown by NFT had much root hairs than that by DFT, and these root hairs may play a role in absorbing O_2 directly from air. Tomato grown by CUT had an equivalent root weight, but the top growth and the yield of fruit was about 1/2 of DFT grown one. After improving the CUT system by adding the granulated rockwool to surrounding roots, the growth and yield increased more than 20%, but still lower than that in DFT. The fruit quality in CUT was significantly better with higher brix, higher acidity and higher firmness. It needs further improvement in CUT aiming the high yield with high quality. Possibility of Capillary Down Technique (CDT) was discussed.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026394
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.47 page.1-8 (19930325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283572.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

878 times.


Search
Related Materials in