Back
Assignment and Similarity of the Chitosanase Gene of Bacillus circulans MH-K1.   :   Bacillus circulans MH-K1のキトサナーゼ遺伝子の構造について 

作成者 Ando, Akikazu, Kobayashi, Takao, Morosawa, Hideaki, Okajima, Shoji, Shinoyama, Hirofumi, Fujii, Takaaki
作成者 (ヨミ) コバヤシ, タカオ, モロサワ, ヒデアキ, オカジマ, ショウジ, シノヤマ, ヒロフミ, フジイ, タカアキ
作成者の別表記 安藤, 昭一, 小林, 賢生, 諸沢, 英明, 岡嶋, 正治, 篠山, 浩文, 藤井, 貴明
日本十進分類法 (NDC) 467
内容 Bacillus circulans MH-K1のキトサナーゼ遺伝子構造の解明を目的として、本遺伝子のオープンリーディングフレーム及びその前後のノンコーディング部分について検討した.キトサナーゼの構造遺伝子の5'上流側にこの誘導酵素の発現調節に関与していると推定される2種類の制御部位が認められた.キトサナーゼ蛋白はリゾチームとホモロジーのある幾つかの短い部分配列を有していた.そのうちの一つはリゾチームの触媒アミノ酸の部分と重なっていた.核酸塩基配列中の繰り返し配列検索の結果、及びリゾチームの触媒アミノ酸類似のアミノ酸配列検索によると、進化論的は本キトサナーゼはリゾチーム二個融合して出来たとも考えられた.
Molecular structure of chitosanase gene of Bacillus circulans MH-K1 was examined. In the 5' upstream region of the chitosanase open reading frame, there are two kinds of regulatory sequences that might regulate the expression inducible chitosanase gene. Chitosanase protein has a few short segments homologous to lysozyme. One of them just covers the catalytic amino acids domain of lysozyme. One of the inverted repeat sequence of nucleotides in the chitosanase gene suggests that the chitosanase gene evolved by the dimerization of lysozyme. Localization of the amino acids, which correspond to catalytic amino acids of lysozyme, also supports the idea.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026401
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.47 page.45-51 (19930325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283579.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

948 times.


Search
Related Materials in