Back
Characterization of the Ca^<2+>/Na^+ Antiporter of Alkalophilic Bacillus sp. A-007 by Purification and Reconstitution into Phospholipid Liposomes.   :   好アルカリ性Bacillus sp. A-007のCa^<2+>/Na^+アンチポーターの精製とその性質. 

作成者 Ando, Akikazu, Komaki, Hisayuki, Tayama, Satoko, Shinoyama, Hirofumi, Fujii, Takaaki
作成者 (ヨミ) コマキ, ヒサユキ, タヤマ, サトコ, シノヤマ, ヒロフミ, フジイ, タカアキ
作成者の別表記 安藤, 昭一, 小牧, 久幸, 田山, 知子, 篠山, 浩文, 藤井, 貴明
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 好アルカリ性Bacillus sp. A-007のCa^<2+>/Na^+アンチポーターの精製をBacillus subtilis由来の疎水性膜蛋白(H蛋白)を用いて行った.精製標品は2個(37と29kDa)の主な蛋白と幾つかのマイナーナ蛋白より成っていた.プロテオリポソームを用いた再構成実験でCa^<2+>は膜電位形成的にNa^+の濃度勾配を駆動力として輸送された.
Purification of Ca^<2+>/Na^+ antiporter of alkalophilic Bacillus sp. A-007 using hydrophobic membrane protein (H protein) of Bacillus subtilis was carried out. Purified sample contained two major (37 and 29 KDa) and several minor proteins. Ca^<2+> was transported by the antiporter in an electrogenic way using Na^+ gradient as a drive force.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026402
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.47 page.53-57 (19930325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283580.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

712 times.


Search
Related Materials in