Back
Electrophoretic Comparison of Enzymes for the Discrimination of Pleurotus Species.   :   酵素電気泳動の比較によるヒラタケ属各種の識別 

作成者 Sagawa, Iwao, Nagata, Yoshiho, Yanagi, Sonoe O.
作成者 (ヨミ) サガワ, イワオ, ナガタ, ヨシホ
作成者の別表記 佐川, 巌, 長田, 嘉穂, 柳, 園江
日本十進分類法 (NDC) 474
内容 ヒラタケ属の5種のキノコ, ヒラタケ, トキイロヒラタケ, タモギタケ, ウスヒラタケ, クロアワビタケの菌糸から蛋白質を抽出し, 電気泳動後の蛋白質染色および特異的酵素活性染色によって5種の識別を試みた.柳らが他のキノコで確立した, 種の比較をするための再現性のある酵素パターンを示す均一な菌糸の培養条件を用いて, 比較に適する13種の酵素を選別した.上記ヒラタケ属の5種は, グルタメートデヒドロゲナーゼあるいは他の3つの酵素の内の1つのパターンを比較することによっておおよそ判別が可能であり, 数種の酵素パターンを組合せるとさらに正確に識別される.13種の酵素パターンを解析して, ヒラタケとタモギタケが比較的近い関係にあり, トキイロヒラタケとウスヒラタケは遠縁であることが示唆された.
In order to distinguish Pleurotus species by isozyme analysis using their mycelia as samples, culture conditions which might affect the isozyme patterns were investigated. Thirteen kinds of enzymes were selected which were suitable for the discrimination of Pleurotus species. Glutamate dehydrogenase was found to be the most suitable enzyme for distinguishing five species in the genus Pleurotus : P. ostreatus, P. salmoneostramineus, P. cornucopiae, P. pulmonarius and P. abalonus. For more accurate discrimination, combined observations of several enzyme patterns were found to be preferable.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026404
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.47 page.65-73 (19930325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283582.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

621 times.


Search
Related Materials in