Back
新潟県燕温泉の発展過程に関する研究   :   A Study on Developmental Process of Tsubame-spa in Niigata Prefecture 

作成者 古谷, 勝則, 木下, 晴雄, 油井, 正昭
作成者 (ヨミ) キノシタ, ハルオ, ユイ, マサアキ
作成者の別表記 FURUYA, Katsunori, KINOSITA, Haruo, YUI, Masaaki
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 豊かな自然環境が維持され, 湯治場的色彩の濃い燕温泉を対象にして, その歴史的変遷過程を調査し, 変遷過程の特徴を考察した.その特徴を以下に記す.(1)温泉の発見から集落の形成までは, まず, 温泉の利用が起こり, 浴槽等の施設ができ, その後, 利用者を相手にする形でサービス業としての生活が始まっており, 「利用→利用施設→生活」という順序で発展した自然発生型の温泉地である.(2)集落が形成されてからは, 燕温泉の住民生活が, 燕温泉利用者へのサービス業で支えられているために, まず, 利用施設を整備し, 次に, 生活施設の整備という順番で, 施設整備が行われてきた.(3)利用と利用施設の関係を見ると, 1960年頃までは利用が先行し, この利用の実態をふまえた形で施設がつくられていたが, その後, まず, 利用施設を整備し, この利用施設から利用を誘導する形に変化した.このことにより型にはめられた利用が行われるようになっている.(4)立地条件のため, 必要最低限の開発しかなされず, 素朴な湯治場であったが, 自動車道の開通により孤立が解消し, 徐々にではあるが都市的な性格がもたらされつつある.温泉地としては, 小規模なこと, 自然に囲まれていること, 歓楽的要素の少ないことが, 保健・休養の場としての価値を高め, 「足繁く通いたい」という利用者の行動を生んできたと思われる.しかし, 都市的な雰囲気が出はじめて, 非日常的な体験ができなくなりつつある現在, 独特の受け入れ態勢を確立するためにも地域が協力し合って行くことが必要である.
The objective of this study is to investigate characteristics of the progress of Tsubame-spa which is made a long stay for future expansion of resort for leisure. The results are as follows. 1) Tsubame-spa is a spa town originated and developed as follow : Finding of a spa→Beginning to learn its usage→Installing the facilities for the usage→Start of the enterprise aiming at service to visitors→Increase in population in the area. Tsubame-spa in early period was formed pursuing use of a spa. 2) Livelihood of the inhabitants of the area has been depedent on the third industry. Facilities promoting utilization of the spa were installed in the first place, the utilization of spa became extensive and finally repletion of living facilities made level-up of life. 3) Tsubame-spa has been an unsophisticated spa because of having been developed in the range of minimum scale from its standpoint. However, it is conveniently, even at slower pace, after breaking off it of geographical isolation resulted from road construction. 4) Life, spa-utilization and nature spaces made intricate pattern due to the development on only flat area. Being on a small scale, surrounded by nature and poor in amusement elements make it great value for the area of rest and recuperation. Therefore, these situation would have satisfied their wants to visit Tsubame-spa frequently. At present, however, increasing vulgarization begins to take non-daily experience away from visitors at Tsubame-spa, therefore, it is necessary for the area to cooperate each other in order to establish its unique accommodation and hospitality.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026408
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.47 page.105-114 (19930325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283586.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

871 times.


Search
Related Materials in