Back
外食消費の要因分析   :   Factors of Food Consumption away from Home 

作成者 吉田, 昌之
作成者の別表記 YOSHIDA, Masayuki
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本稿は, 外食消費がいかなる要因によって規定されるかを, 主として都道府県別のデータを利用することによって計量的に明らかにし, 同時にその分析方法の枠組みを提示し実証した.外食消費関数を特定化し, OLSによって推定した後, 残差を利用して, 均一分散性, 正規性の有無などOLSの仮定を検定した結果, 推定式は51, 61の両年とも統計的にみて有意であることが確認された.ついで, 両年における外食消費に関して構造変化があるか否かを検定した結果, 変化が認められないことが判明した.そこで, 両年に共通する外食消費関数を推定し, この結果を用いて外食消費の変動を要因分解した.その結果, 全国的にみた場合, 一人当り外食消費は, 県民所得, 人口集中地区人口率, 昼間人口率および10年前の外食消費によってほぼ決定されること, 51年から61年にかけての外食消費の主な変動要因は所得であるが, 大都市圏においては過去の消費習慣の影響が認められること, 等が明らかにされた.なお, 本稿の計算は, ほとんど千葉大学総合情報処理センターの計算機システム(HITAC M-680H)を利用して行った.
The objective of this paper is to analyze factors influencing consumption of food away from home through estimating consumption functions, while examining if the ordinary least squares estimation is valid. Our analysis goes as follows: 1) estimate multiple regression equation by ordinary least squares; 2) test the least-squares assumptions, especially homoscedasticity and normality, by using residuals; 3) use the Chow test to investigate whether the differences between 1976 and 1986 regressions for food consumption are statistically significant; 4) analyze factors influencing food consumption by using the regression for the period as a whole. The analysis shows that the OLS estimation is valid, and that the structure of food consumption away from home remains unchanged over time. Through this exercise, we learned that among main factors influencing the consumption, the most important point is the income, followed by the customs of consumption, especially in the sphere of big cities.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026424
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.47 page.233-240 (19930325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283602.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

664 times.


Search
Related Materials in