Back
アロザイムの遺伝子頻度による日本産キンウワバ亜科の地域および年次集団間の遺伝的変異   :   Geographic and Year-to-year Variations of Gene Frequencies of Allozymes in the Population of Japanese Plusiine Species : Lepidoptera: Noctuidae 

作成者 野村, 昌史
作成者 (ヨミ) ノムラ, マサシ
作成者の別表記 NOMURA, Masashi
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 成虫交尾器により属および種間の類縁関係が暖昧になっているキンウワバ亜科(鱗翅目:ヤガ科)について, 酵素のアロザイムを用いて種内の地方変異および年次変異を調べた.12種について解析を行ったが, 3酵素4遺伝子座と扱う酵素が少なく, 調査集団も多くなかったが, 全体の傾向としてキンウワバ亜科では年次集団の変異の方が地方集団よりも大きいことが明らかとなった.これは長距離移動を行うなど本亜科の移動能力が大きいためと推定された.
Intraspecific (geographic and year-to-year) populations of 12 species of Japanese plusiine moths (Lepidoptera: Noctuidae) were analyzed by 4 loci from 3 enzymes (esterases, hexokinase and phosphoglucomutase) by means of electrophoretic methods. Based on the data of gene frequencies, the genetic distance among populations from different years tended to be larger than that among geographic populations. The result can be explained with a good ability of migration of plusiine species.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026433
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.48 page.19-23 (19940325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283624.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

602 times.


Search
Related Materials in