Back
ラット肝におけるシステイン合成酵素の存在   :   Occurrence of Cysteine Synthase in Rat Liver 

作成者 大河平, 隆一, 田村, 五郎, 政田, 正弘
作成者 (ヨミ) オコビラ, リュウイチ
作成者の別表記 OKOBIRA, Ryuichi, TAMURA, Goro, MASADA, Masahiro
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 ラット肝粗抽出液を反応液に加え, OASおよび硫化水素を基質として反応させたところ, システインの生成が確認された.このシステイン生成量は, タンパク質濃度および反応時間に対して直線的増加を示すことから酵素反応であることが示唆された.反応基質であるOASおよび硫化水素に対するKm値は, それぞれ6.67mM, 0.37mMであった.
The enzymatic activity of cysteine synthase was found in the extract from rat liver. This enzyme from rat liver has been partially purified by two successive DEAE-cellulose column chromatographies. The amount of cysteine formed in the reaction mixture was proportional to both 1) amount of enzyme preparation added and 2) the reaction time. Each Km value for O-acetyl-L-serine and sulfide was calculated to be 6.67 and 0.37mM, respectively. The cysteine synthase activity was markedly inhibited by the addition of hydroxylamine, a potent inhibitor for the enzyme containing pyridoxal phosphate as prosthetic group.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026435
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.48 page.31-36 (19940325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283626.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

598 times.


Search
Related Materials in