Back
小麦胚乳部由来の食物繊維がラットのコレステロール代謝, 消化管通過時間, 耐糖能に及ぼす影響   :   Effect of Dietary Fiber isolated from Wheat Endosperm on Cholesterol Metabolism, Gastrointestinal Transit Time and Glucose Tolerance in Rats 

作成者 江頭, 祐嘉合, 並木, 弘行, 太田, 剛雄, 真田, 宏夫, 綾野, 雄幸, 沼山, 勝己
作成者 (ヨミ) エガシラ, ユカリ, ナミキ, ヒロユキ, オオタ, タケオ, ヌマヤマ, カツミ
作成者の別表記 EGASHIRA, Yukari, NAMIKI, Hiroyuki, OHTA, Takeo, SANADA, Hiroo, AYANO, Yuko, NUMAYAMA, Katsumi
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 小麦胚乳部から分離, 調製したDF標品(WEF)をラットに投与し, コレステロール代謝, 消化管通過時間および耐糖能に及ぼす影響について, DFを含まない飼料(DFF)およびセルロース(CEL)を対照として比較, 検討した.(1)WEFを高コレステロール飼料に2%または4%レベル添加し, ラット(体重125g)に投与した.WEFはCELと同様に血清コレステロール濃度の上昇抑制作用を示さなかった.(2)成熟ラット(体重240g)を用い, 食物残渣の消化管通過時間を測定した.糞が出始めるまでの時間は, CEL群において有意に短縮され, DFFとWEFとの間には差が認められなかった.出終わるまでの時間はCELが最も早く, WEFはCELとDFFの中間値を示した.糞の水分含量は, 各群間に差は認められなかった.(3)ラット(体重170-180g)を用い, 糖負荷試験を行い, 血漿グルコース濃度の変化について測定した.コーン油非共存下では, WEFによりグルコース投与後の血糖上昇に続く血糖値の低下速度を遅らせた.コーン油共存下ではグルコースを投与した場合, WEFは血糖の上昇を抑制した.
The effects of dietary fiber isolated from wheat endosperm (WEF) on cholesterol metabolism, gastrointestinal transit time and glucose tolerance were investigated in rats and compared with fiber free diet (DFF) and cellulose diet (CEL). (1) Dietary WEF, DFF and CEL groups did not suppress the elevation of serum cholesterol levels. (2) The mean of gastrointestinal transit time were 58.2 hr for WEF, 51.2 hr for CEL and 69.6hr for DFF group. Fecal moisture were the same of all groups. (3) The diet containing WEF suppressed the rise of serum glucose levels in the presence of corn oil.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026436
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.48 page.37-43 (19940325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283627.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

696 times.


Search
Related Materials in