Back
中国写意山水園論   :   Chinese SHAN-SHUI Landscape Garden 

作成者 胡, 長龍, 章, 俊華, 安楽, 裕吾, 白井, 彦衛
作成者 (ヨミ) アンラク, ユウゴ
作成者の別表記 HU, ChangLong, ZHANG, JunHua, ANRAKU, Yugo, SHIRAI, Hikoe
日本十進分類法 (NDC) 620
内容 本文の中心となるのは, 中国写意山水園の誕生, そして発展, さらに特徴についての記述である.特に, その表現の特徴について詳述している.本文の概略を記しておくと, まず, 中国写意山水園が魏晋南北朝時代に誕生し, 唐・宋代の宮園と多数の文人園において発展し, この時代のものが中国写意山水園の主流となったことに触れている.明・清時代にも文人写意山水園は発展し, 特に清代中期, 皇帝による写意山水園の集大成がこれに大きく寄与し, この時期に最盛期を迎えている.こうした歴史を追うことで顕著になった写意山水園の特徴は以下のとおりである.(1)明確な造園の立意(コンセプト)がある(2)自然の尊重し, 自然の洗練(3)緻密な構成と借景(4)巧みな選定と配置(5)数多くの分野にまたがる知識の総合応用
Basing on the characteristics of Chinese historical developments, examinations of existing landscape gardens and data of historical poetry and paintings, this essay expounds the creation and its character. Born in WeiJin and NanBei Dynasties, developed in Tang and Song Dynasties and matured in Ming and Qing Dynasties, the Chinese landscape gardening is characterized by definite meaning, being from nature but superior to one, careful trim and lay out cunning structure, integrate multisubjects knowledge and so on.

公開者 千葉大学園芸学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00026438
ISSN 0069-3227
NCID AN00142658
掲載誌情報 千葉大学園芸学部学術報告 Vol.48 page.53-60 (19940325)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142658/KJ00004283629.pdf
情報源 The technical bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

560 times.


Search
Related Materials in